生産者の取組み

「知識と技術が成功の鍵を握る」4Hクラブ京都府会長が語る、農業の発展と展望とは

京野菜や宇治茶といった伝統ある生産物が、今もなお、盛んに作られている京都府。そんな“温故”の気質が強い土地において、養液栽培という目新しい農法のもと、新規で農業をはじめたのが「京都府4Hクラブ」の会長・小島敬久さんだ。小島さんに、これまでのキャリアや農業における成功の秘訣などについて、お話いただいた。

メイン画像:「京都府4Hクラブ」の会長・小島敬久さん

養液栽培に感じた可能性を信じ
大胆に行動した

京都府の中西部に位置する亀岡市にて、フリルレタスやルッコラなど、葉物野菜を中心に生産する小島さん。生産方法として、養液栽培という少々珍しい方法を採用しているのが特徴だ。

養液栽培とは、養分を溶かした培養液を与え、植物を栽培する技術。その種類として、土の代わりに培地を利用する固形培地耕、培地を使わない水耕栽培などが挙げられるが、小島さんが導入しているのは水耕栽培だ。就農したおよそ4年前から、小島さんは養液を使った水耕栽培に取り組んでいる。

自社で管理しているハウスの様子

小島さんは、大学と大学院で、養液栽培の研究を重ねた経歴をもつ。目新しい栽培方法である養液栽培に惹かれ、研究にのめり込んだが、「現場に研究成果を還元したい」という思いから、卒業後は農業界へ。亀岡市内にある農家のもとで就農研修を終えたあと、可能な限りの資金を投入し、養液栽培を行うための設備を作り上げたという。

「当時は、“養液栽培なんて本当にできるのか?”、“そんなに資金投資して、失敗したらどうするんだ”と、周囲の人から心配されましたね(笑)。でも、養液栽培は、自分が労力と情熱をかけてきた最たるものなので、意地でも成功させてやろうと。なにより研究を通じ、養液栽培には可能性があると感じていました」

結果的に、これまで培ってきた知識が活き、良質な野菜を通年で生産することに成功。さらには、安定した取引と収益の拡大が実現した。やがて事業規模を拡大できるほどの余裕が生まれたため、今夏、新たにハウスを設立し、イチゴの栽培をスタートさせたという。

古くより高いブランド力を誇る、京野菜

 



エビデンスに基づいた知識を
成功のきっかけに

就農した当初から養液栽培に取り組んでいた小島さんの存在は、同世代の農家から注目を集めていたよう。地元の4Hクラブのメンバーから誘いを受け、クラブに加入したところ、いきなり副会長に就任。さらにその翌年には、会長職を任された。また、加入時より、クラブ員から作物の栽培法に関してたびたび相談を受けており、学術的な知識などを共有することもあるという。

就農してから5年弱と、現場でのキャリアは浅いにも関わらず、着実に成功と信頼を勝ち取っている小島さん。そんな小島さんが信条とするのは、「エビデンスに基づいた知識が、農業における成功の鍵を握る」ということ。

「例えば、“自給自足生活がしたいから”、“有機農法にチャレンジしてみたいから”という理由で、下積みなしで農業界に飛び込んでくる人がいますが、うまくいかないケースが多いようです。反対に、きちんとした知識と技術を身につければ、農業で成功できる可能性が上がると思います」と、話す。

また、地域の農業をさらに発展させるためには、新しい知識の習得と情報共有が大切と考えており、今後、研修や会員同士が交流する機会を増やす予定なのだとか。最後に、地域の農業の未来に対する、見解をうかがった。

「京都には、京野菜をはじめ、伝統あるブランド野菜があります。そうした伝統を守ることはちろん大事なのですが、新しいブランドや農法の確立にもっと力を入れるべきなのでは、と思います。新しいブランドや農法ができれば、地域の農業はさらに魅力的になりますし、新規就農者も増えるはずです」

PROFILE

小島敬久さん

1987年京都府生まれ。明治大学農学部、ソウル国立大学院にて、おもに養液栽培について学んだのち、就農研修を経て就農。現在、亀岡市篠町で葉物野菜を中心に栽培している。


Text:Yoshiko Ogata



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 水耕栽培と養液土耕栽培、養殖まで同時にできる!? 話題の鉄骨ポリカハウスの設備を見学
  3. バラ・トマト・イチゴ農家が語る 低温CO2施用機『真呼吸』の実力とは
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 【編集部厳選】いま話題の「バイオスティミュラント」って何? 基礎知識と効果まとめ
  10. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル