生産者の取組み

今年はディスカッションLIVE配信も!「全国青年農業者会議」2/26・27開催

2020年2月26日(水)・27日(木)、国立オリンピック記念青少年総合センターにて全国の若手農業者や関係者が集うイベント「第59回 全国青年農業者会議」が開催される。パネリストを迎え「農業×教育・地方創生・未来」について話し合う、オンラインディスカッションにも注目だ。

20代~30代若手農業者中心の
団体4Hクラブが主催するイベント

農業経営や技術の検討、地域ボランティアなどの活動を行う青年農業者団体(=通称:4Hクラブ)が主催する「全国青年農業者会議」が2/26(水)~27(木)開催!4Hクラブの意見発表やプロジェクト発表、全国の農業従事者の交流、パネルディスカッションなどが行われる。

“日本農業をUPDATEせよ”
ディスカッションをLIVE配信

4名のパネリスト:(左から)木下斉氏、岡山史興氏、井本喜久氏、横田美香氏

「全国青年農業者会議」の注目は、27日(木)9:00-10:30に行われるパネルディスカッション。内閣府地域活性化伝道師の木下氏、できる.agri発起人の岡山氏、The CAMPus 代表理事の井本氏、農林水産省経営局の横田氏の4名をパネリストとして迎え、「農業×教育・地方創生・未来」をテーマに掲げてディスカッションを行う。

4Hクラブメンバーや若手農業者、新規就農者、農業関係者からのSNSに投稿された様々な意見・質問をYouTubeで会場ステージのスクリーンに映し出し、リアルタイムで答えていく。この様子はLIVE配信される。

このディスカッション企画の目的は「アップデート&コミュニケーション」。農業だけにとどまらない少子高齢化に向かう日本社会の将来への課題や取り組みを“日本農業をUPDATEせよ”のタイトルで熱く議論を交わす。IT・IoT農業、農業教育、地方創生、農水省についてなど内容は多岐に渡る予定だ。ぜひ、LIVE配信で目の当たりにしてほしい。

『全国青年農業者会議』
日時:2020年2月26日(水)、27日(木)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
住所:〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
申込方法:青年農業者および関係者(事務局・普及担当)は各県ごとに取りまとめ
一般の方のお申し込みはコチラ

DATA

全国農業青年クラブ連絡協議会(4Hクラブ)

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  3. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  4. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  5. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  6. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 病気を防ぎ、効率的なイチゴ育苗へ! 革新的なトレイ“カタツムリポット”がスゴイ!
  9. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  10. 最強の次世代水稲栽培へ! ドローン×バイオスティミュラント×水稲栽培の夢コラボが実現!
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正