注目キーワード

生産者の取組み

伝統野菜を用いた商品開発で農林水産大臣賞受賞! 熊本県4Hクラブ会長が描く今後のビジョン

熊本県・阿蘇には特産物が複数あり、その一つとして、カラシナの一種の「阿蘇高菜」がある。ここでスポットを当てる佐藤智香さんは、「阿蘇高菜」を使った商品を開発し、脚光を浴びた女性。ご自身のキャリアから地域の農業にいたるまで、幅広くお話いただいた。

メイン画像:「熊本県4Hクラブ」の会長・佐藤智香さん(写真右)
熊本県・阿蘇は、壮大な阿蘇山をはじめ、数々の観光スポットを有する土地だ。

循環型農業が成り立つ、熊本県・阿蘇

九州のほぼ中央に位置する阿蘇。巨大なカルデラや阿蘇山、広大な草原など、ダイナミックなネイチャースポットを誇る地域だ。また、これらは、地域の貴重な観光資源となっている。
 
農業では、畜産、農産ともに盛んに行われている。広大な草原では、「あか牛」とも呼ばれる「褐毛和種(あかげわしゅ)」が放牧されているのは、多くの人が知るところだろう。さらには、火山性土壌と相性がいい「阿蘇高菜」などの在来の野菜に加え、トマトやアスパラガス、キャベツなど、多種多様な作物が栽培されている。
 

草原でのんびりと草を食むあか牛

 

春に行われる「野焼き」の様子

 
佐藤さんによると、ダイナミックなネイチャースポットと農業は、一見関わりがないようで、実は深くつながっているという。
 
「例えば、草原を維持するうえで、牛たちが一役買っています。伸び出した草を牛たちに食べさせることで、草原が荒れ地になるのを防ぐことができます。また、春には、新しい草の芽吹きを助けるため『野焼き』を行いますが、この『野焼き』は多くの場合、農家の手によって行われているんですよ」
 
阿蘇においては、草原をはじめとする自然環境が農業を営むうえで役立つ一方、農業が景観の維持に役立っている。「阿蘇では、循環型農業が成り立っています」と、佐藤さんは話す。
 



 

伝統野菜を活かした「阿蘇タカナード」

大阪にある専門学校を卒業後、4年間ほど一般企業に勤め、その後阿蘇にUターンした佐藤さん。同時に、新規就農を果たしている。郷里に戻って就農した理由について、こう語る。
 
「我が家では、祖父母が農業を営んでおり、父と母は外で勤めていました。祖父母が農業をやめた後、父が兼業で農業を始めようとしたのですが、その矢先に父は帰らぬ人になってしまって……。畑を継ぐ人がいなくなってしまったこともあり、就農について前向きに考え始めました」。
 
ちょうどその頃、『九州北部豪雨災害』が発生し、地域に甚大なダメージが生じることに。「『地域を立て直すために、私にも何かできないか』と思いました。農業をとおして地域に少しでも貢献するため、就農する決意が固まりました」
 
就農後、佐藤さんが栽培を始めたのが、「阿蘇高菜」。「阿蘇高菜」は、春ならではの味覚として地域で親しまれている作物だ。しかし、鮮度を保つのが難しい「阿蘇高菜」は、市場出荷には向かない作物。おのずと出荷先は地元の漬物製造会社になるが、昔から「阿蘇高菜」の価格は変わらず、農家は薄利しか得られない。また、「阿蘇高菜」の漬物原料としての旬は、年間で3日ほどとされている。
 
「こうした点から、『阿蘇高菜』の漬物原料としての出荷は、持続可能な産業ではありません。そこで、これまで食用として利用されていなかった「阿蘇高菜」の種子をマスタードに加工できないかと考えました。また、ほかの農家から種子を買い取ることで、産地の維持につながるでは、とも考えました」。
 
試行錯誤のすえに誕生したのが、粒マスタード「阿蘇タカナード」だ。香辛料や保存料、増粘剤といった添加物は一切不使用。また、伝統製法でつくられた米酢や天草産釜炊き塩など、選りすぐりの調味料が使用されている。さらには、従来は食されていなかった種を使用した点、伝統野菜の新たな価値を創造した点などが評価され、「阿蘇タカナード」は、「2016年度優良ふるさと食品中央コンクール」で「農林水産大臣賞」に表彰された。
 

バインダーで「阿蘇高菜」を収穫する佐藤さん

 



 

「熊本県4Hクラブ」初の女性会長に

こうした実績などが評価され、2018年5月、佐藤さんは「熊本県4Hクラブ」の会長に抜擢された。同クラブで女性が会長を務めるのは、初めてのことだ。
 
現在、クラブでは、定例会議に加え、事業継承について悩むメンバーを対象とした講習会など、学ぶ機会も積極的に設けられている。また、女性会長ならではの取り組みも目立つ。佐藤さんによると、『熊本県4Hクラブ』には『女子部』なるものがあり、定期的に意見交換会などが開催されているという。
 
今現在の取り組みにだけでなく、今後のビジョンにも光るものがあるのが、佐藤さんの持ち味だ。「当たり前のこととして、人の健康や環境への配慮ができるのが、多くの女性が持つ特性だと思います。こうした感性と考え方を活かせる場所を、農業界にもっと作っていきたいですね」
 

PROFILE

佐藤智香さん

1987熊本県生まれ。大阪市内の専門学校を卒業後、一般企業勤務を経て、2014に就農。現在、おもに「阿蘇タカナード」の生産・販売を行う「阿蘇さとう農園」の代表を務める。趣味はドキュメンタリー作品の鑑賞。
 

DATA

4Hクラブ(農業青年クラブ)


Text:Yoshiko Ogata



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  3. 【農家にオススメの副収入】ソーラーシェアリングが学べるセミナー開催
  4. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  5. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  9. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正