再エネ・最新技術

生育環境を“コピペ”するだけ!? 驚きの農業技術!

持続可能な生産を!世界で広がるスマート農業。今回はUSAから、いつでもどこでも最適な環境で作物を栽培できる、農業技術プラットフォーム「フード・コンピュータ」についてレポートする。

同じ遺伝子を持つ植物でも、生育環境によって収穫物の量や色、形、味、サイズは異なる。
そこで、米マサチューセッツ工科大学は、最適な生育環境を別の空間に“複製”するという画期的な発想のもと、農業技術プラットフォーム「フード・コンピュータ」の研究開発に着手した。

温度や湿度などを最適化する栽培システムを開発するとともに、作物ごとに最適な生育環境を再現するプログラムを作成。これらはすべてオープンソースで公開されており、誰でも無料で利用できる。
ダウンロードしたプログラムを栽培システムで実行するだけで、いつでもどこでも最適な環境で作物を栽培できるこの仕組みは、新たな食料生産の手段として注目されている。

openag.media.mit.edu/hardware


text: Yukiko Matsuoka

※『AGRI JOURNAL』vol.3より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. “循環型社会”を体現した体験型施設「KURKKU FIELDS」が今秋オープン!
  3. アイテムを駆使する時代に。いま注目の農業・畜産の最先端技術5選!
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  6. スマート農業の入門に最適! 病害予測機能搭載のモニタリングツールを試してみた
  7. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  8. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  9. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  10. 農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2020/1/15まで!
  AG/SUM

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル