注目キーワード

政策・マーケット

米国農家の約3分の1は、なんと大都市圏で経営!

アメリカでは都市でも地方でも地域活性につながる、農業ムーブメントが起こっている。今回はニューヨークで行われている取り組みについて紹介する。

ブルックリンで行う
大都市の農園経営

米農務省によると、米国では農家全体の約3分の1が大都市圏で農業を営み、都市部に新鮮な農作物を供給している。近年では、限られた都市空間を立体的に利用するべく、ビルの屋上を農園として活用する取り組みも増えてきた。

ニューヨークで2009年に創設された「ブルックリン・ガレージ」は、2ヶ所のビルの屋上で合わせて2.5エーカー(約1万㎡)の農園を運営。年間5万ポンド(約2268万キログラム)以上の野菜を有機栽培し、地元の飲食店や食材店に販売している。

この農園では食や農に関するワークショップを定期的に開催しているほか、難民や移民を対象とする就農訓練も実施。地域住民の健康な食生活を推進し、地域のエンパワーメントにも貢献している。

aj_new20161220_002


文/ Yukiko Matsuoka

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2時間で“スマート農業の将来”がわかる! 無料のオンライン報告会が開催...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま考えよう! 水稲農業のこれから《水稲サミットオンライン》1/22(金)緊急開催...
  4. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  5. 多用途ハイブリッドトラクターとは!? 海外の有望スタートアップ企業が生み出す農業ロボット4選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  10. 防除や収穫・データ収集まで自動化! ノルウェー発農業用モジュール型ロボット...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17|¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正