政策・マーケット

米国農家の約3分の1は、なんと大都市圏で経営!

アメリカでは都市でも地方でも地域活性につながる、農業ムーブメントが起こっている。今回はニューヨークで行われている取り組みについて紹介する。

ブルックリンで行う
大都市の農園経営

米農務省によると、米国では農家全体の約3分の1が大都市圏で農業を営み、都市部に新鮮な農作物を供給している。近年では、限られた都市空間を立体的に利用するべく、ビルの屋上を農園として活用する取り組みも増えてきた。

ニューヨークで2009年に創設された「ブルックリン・ガレージ」は、2ヶ所のビルの屋上で合わせて2.5エーカー(約1万㎡)の農園を運営。年間5万ポンド(約2268万キログラム)以上の野菜を有機栽培し、地元の飲食店や食材店に販売している。

この農園では食や農に関するワークショップを定期的に開催しているほか、難民や移民を対象とする就農訓練も実施。地域住民の健康な食生活を推進し、地域のエンパワーメントにも貢献している。

aj_new20161220_002


文/ Yukiko Matsuoka

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  3. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  4. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  7. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  8. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  9. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  10. 病気を防ぎ、効率的なイチゴ育苗へ! 革新的なトレイ“カタツムリポット”がスゴイ!
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正