再エネ・最新技術

中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム

近年、IT分野において急成長を遂げている中国。今年6月には、あらゆる営農形態に応用できる画期的な農業用モニタリングシステムが開発された。すでに導入実績もあるようだが、その実力は?

養豚から果樹農家まで
幅広く活用可能

中国のIT企業アリババ集団傘下のアリババクラウドは、2018年6月、人工知能を活用した農業向けクラウド型ソリューション「ET農業ブレーン」を正式にリリースした。

中国の農業企業「四川特駆集団」の養豚事業ではすでに先行導入されており、人工知能がブタの活動状態や成長度合い、妊娠の有無など、健康状態をリアルタイムでモニタリングし、必要に応じてその改善策を自動的に提示。これによって、ブタの死亡率が低下した一方、出産頭数が増え、養豚業の生産性が大幅に向上した。

「ET農業ブレーン」はメロンやリンゴといった果樹農家でも導入実績があり、今後は、他の野菜・果物はもとより、漁業や林業の分野でも活用していく方針だ。

DATA

ET BRAIN


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  8. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  9. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
  10. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル