注目キーワード

最新技術

中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム

近年、IT分野において急成長を遂げている中国。今年6月には、あらゆる営農形態に応用できる画期的な農業用モニタリングシステムが開発された。すでに導入実績もあるようだが、その実力は?

養豚から果樹農家まで
幅広く活用可能

中国のIT企業アリババ集団傘下のアリババクラウドは、2018年6月、人工知能を活用した農業向けクラウド型ソリューション「ET農業ブレーン」を正式にリリースした。

中国の農業企業「四川特駆集団」の養豚事業ではすでに先行導入されており、人工知能がブタの活動状態や成長度合い、妊娠の有無など、健康状態をリアルタイムでモニタリングし、必要に応じてその改善策を自動的に提示。これによって、ブタの死亡率が低下した一方、出産頭数が増え、養豚業の生産性が大幅に向上した。

「ET農業ブレーン」はメロンやリンゴといった果樹農家でも導入実績があり、今後は、他の野菜・果物はもとより、漁業や林業の分野でも活用していく方針だ。

DATA

ET BRAIN



text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.08(2018年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. ドローンに免許制度が導入される! 航空法改正で農業ドローンはどうなる?...
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  10. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.19|¥0
2021/4/15発行

お詫びと訂正