再エネ・最新技術

作物も電気もつくるエネルギー兼業農家!

太陽光を農業と発電事業でシェアする営農型太陽光発電=ソーラーシェアリング。農業収入と売電収入のダブルインカムを手に入れることができるので、農家経営の安定化・高収益化に向けて、ぜひ導入してみては?

農地の上に太陽光パネルを設置して、営農しながら発電を行う「エネルギー兼業農家」が増えている。太陽光を農業と発電事業でシェアする営農型太陽光発電=ソーラーシェアリングだ。農業収入と売電収入のダブルインカムを手に入れることができるので、農家経営の安定化・高収益化に向けて、ぜひ導入したいシステムだ。

しかし、ソーラーシェアリングでは、太陽光パネルの下でトラクターなどの農業機械を動かす必要がある。通常の太陽光発電に比べて、脚の長い架台の上にパネルを設置しなければならない。また、農作業の邪魔にならないよう、支柱の間隔を広くとることも求められる。これを安易に追及すると脆弱で不安定なものになりかねない。実際、強風で飛ばされてしまった事例も散見される。

そこで、翔栄クリエイトでは、素材と設計を全面的に見つめ直し、この問題を解決した。支柱に太い鋼管を用いつつ、上部の梁には軽量で強靭なFRPを採用し、低重心で安定性に優れたシステムを作り上げた。これにより、支柱の高さ・支柱間隔ともに「5m」という、広々とした営農空間も可能になった。まさに、太陽光発電のエキスパート、翔栄クリエイトだからこそ実現できたソーラーシェアリングだといえるだろう。


株式会社 翔栄クリエイト
東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル2F 03-6894-2211


text: Kiminori Hiromachi

※『AGRI JOURNAL vol.3』より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  4. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  5. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正