注目キーワード

最新技術

施設園芸向けシステム「ゼロアグリ」がLINE連携をスタート!

株式会社ルートレック・ネットワークスは、自社で開発・展開するAI搭載の土壌環境制御システム「ゼロアグリ」の新機能として、「SNS連携機能」を2017年12月13日に発表した。

IoT×SNSで
農業の未来を切り開く

農家の経験や技術を問わず誰でも使用でき、作物の収量増大と品質安定化を図るだけでなく、作物の生長に合わせた潅水施肥の分析から実行まで行うことで省力化も実現するシステムとして注目の「ゼロアグリ」。

開発元の株式会社ルートレック・ネットワークスはゼロアグリの新機能として、2018年1月よりSNSツール「LINE」と連携することを公表した。

新たに付け加えられたサービスは、1週間の「各系統の液肥供給量や施肥量レポート」がLINEで届くほか、その日の液肥量と施肥量を確認でき、液肥タンクの残量が減るとLINEでアラートが鳴るといった内容。

SNSを通じて「モノとヒト」の繋がりを密接にした上で、農業生産性を高めることを目的としているという。

【画像上】LINEゼロアグリ 1週間の「各系統の液肥供給量や施肥量レポート」

【画像下】LINEゼロアグリ レポートリクエスト画面

ゼロアグリは、今後もIoTの利点を最大限に生かし、SNS連携を行うことでさらに生産者にとって利便性の高いサービスを作りあげるとともに、施設園芸におけるプラットフォームとして普及していく方針だ。

DATA

株式会社ルートレック・ネットワークス
ゼロアグリ

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正