再エネ・最新技術

<次世代農業体験プロジェクト>参加メンバー募集!

AGRI JOURNALでの新企画がスタート! 次世代農業ツールに興味をお持ちの皆さんの参加をお待ちしています!

〈受付は終了しました〉
 

読者モニター企画がスタート!

次世代農業ツールが次々と登場する中、「実際に試してみないと便利かどうかわからない。」という声を受け、AGRI JOURNALで読者モニター企画をスタート!

AGRI JOURNALの読者代表として最先端の次世代農業サービスを1年間体験いただいた感想を、編集部が取材・撮影に伺います。自社の取り組みのPRにぜひご活用ください。

第1弾の体験プロジェクトは
営農支援サービス「天晴れ」

動画:「天晴れ」紹介映像

国際航業株式会社の協力により、今回は営農支援サービス「天晴れ」の無料体験枠をご用意しました。
「現場で活用できる」レポートとして、空からの目線で穂水分や収穫適期が可視化されると日々の農作業がどう変わるのかを、1年を通して体験いただけます。
「空から診る精密農業」がどのようなものなのか知りたい方や農作業の効率化を図りたい方、この機会にぜひご応募ください。

「天晴れ」ではどんなことが出来るの?


メリットは「飛び地や広い圃場でも収穫時期や生育ムラをひと目で把握できること」。

・圃場が広域だから、全体的に分け入って見回るのが大変…
・飛び地になってきたことで圃場間の移動自体に時間がかかる…
など、様々な事情から農作物に目が行き届きづらい課題を解決するための営農支援ツールとして活用できます!

知りたい日付と内容に合わせて、人工衛星やドローンで撮影した画像に特殊な解析が施され、圃場全体を把握できるレポートが手元に届きます。レポートはそのまま現場で営農判断に使える内容になっているため、活用も簡単。レポートはPCやスマートフォンで閲覧できるだけではなく、紙媒体に印刷することも可能です。

例えば、下記の診断レポートのマップでは、収穫期をむかえた小麦の穂に含まれている水分量を色の指標で表示しています。暖色になるほど乾燥度合いが進んで収穫適期をむかえており、効率的に収穫計画を立てることが可能です。


図:穂水分率マップ(小麦)

複数ポイントで計測していたタンパク含有率や穂水分率などの農作物を知る・判断するためのデータや歩き回って見ていた生育状況などを、「天晴れ」の診断レポートでは全体的にひと目で把握することが出来ます。

小麦のほかにも対象農作物や解析メニューがある「天晴れ」。
導入した生産者の方々からは、こんなメリットの声も上がっています!

・農作業の効率化することができ、収穫期の農作業時間を半分以下にすることが出来た。

・安定的に同じ乾燥度合いで収穫することが可能となり、高収量化と高品質化を実現出来た。

・乾燥コストが導入前と比べて、1/3のコストを削減することが出来た。

・生育状況を全体傾向で知ることができ、肥培管理の調整や可変施肥をして品質を安定化させることが出来た。

ぜひ体験いただいて、そのリアルな使い心地を編集部にお聞かせください!

<「天晴れ」で可視化できるメニュー例>
小麦:穂水分率、タンパク質含有率
水稲:タンパク含有率
大豆:生育診断、収穫適期診断
牧草:雑草判別、不良草種分布
 
 

<次世代農業体験プロジェクト> 概要

募集要項

・モニターご協力期間:2018年2月より1年間
・内容:営農支援サービス「天晴れ」で圃場の生育状況などが可視化されたマップを農作業にご活用いただき、その使用感を『AGRI JOURNAL』にてインタビューさせていただきます。
・費用:無料

応募資格

①日本国内で合計1ha以上の圃場・農地(露地栽培)で農業を営まれている方。
②『AGRI JOURNAL』誌面およびWEBサイトでの体験レポート取材にご協力いただける方(時期をご相談のうえ、使用感についての取材・撮影を行わせていただきます)

応募締切

応募締切:2018年2月5日(月) 23:59まで
※多数ご応募いただいた場合は、選考でのお声かけとさせていただきますのであらかじめご了承ください。締め切り前でも決まり次第、応募を締め切る場合がございます。
※候補者に選ばれた方にのみ、2018年2月16日(金) 18:00までに、随時アグリジャーナル編集部よりお電話(03-3403-3335)またはメールにて、ご連絡させていただきます。

【注意事項】
●応募フォーム送信後、自動で完了メールが届きます。携帯電話のメールアドレスで登録する場合、ドメイン指定などを設定している方は、お手数ですが「agri@access-i.co.jp」からのメールを受信できるよう設定をお願いします。
●2週間以内に撮影した、顔がしっかり見える写真を添付してください。アプリ等で加工したお写真はご遠慮ください。

応募フォーム

受付は終了しました。
候補者に選ばれた方にのみ、2018年2月16日(金) 18:00までに、随時アグリジャーナル編集部よりお電話(03-3403-3335)またはメールにて、ご連絡させていただきます。


 

商品についての問い合わせ

国際航業株式会社

営農支援サービスグループ
TEL:03-4476-8057
住所:東京都千代田区丸の内3−1−1 国際ビル
 

モニター企画についての問い合わせ

アグリジャーナル編集部

(株式会社アクセスインターナショナル)
TEL:03-3403-3335
» お問い合わせフォーム

関連記事

アクセスランキング

  1. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  2. 農家の頼れる相棒! クールな次世代『運搬車』5選
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  5. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  6. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  7. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  10. 知っておきたい!雑草防除ギアの基礎知識【刈払機・草刈機編】
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル