再エネ・最新技術

10万円以下で導入可能! クラウド型農業生産管理システム

農業IT活用のなかでも、「安価」で「簡単」に導入できる「みどりクラウド」。センサーボックスを設置するだけで計測データを収集でき、生産技術が向上する温室内環境隔離モニタリングシステムだ。

データの収集蓄積で
生産技術向上へ

生産工程における改善点の明確化を支援する、農業クラウドの導入が広まっている。なかでも、導入が容易な「みどりクラウド」は、全国で220台(2016年3月31日時点)が稼働中だ。

設置するだけで、圃場の環境データを2分ごとに記録し、搭載カメラによって設備の動作状況や植物の定点観測も可能だ。数字データには現れない気づきが得られ、栽培状況をより正確に把握ができる。使いやすく、わかりやすく、安価な価格設定が最大の特長で、10万円以下で始められるのが嬉しい(初期費用8万9000円(3G版)、月額通信費980円)。現場のことを考えて、新たにガラケーの対応にも乗り出したという。

蓄積したデータは、複数同時にグラフ化し、過去の記録や他の圃場との違いなどをひと目で一覧することができる。また、ユーザーコミュニティで情報を共有し、議論をすることができるようになった。これにより一層、モニタリングデータが、生産技術向上におけるコミュニケーションツールとして活躍するだろう。

AJ_ABJ20160818_13

センサーを搭載したみどりボックス(写真)をハウスの中に置くだけで、温・湿度や日射量、土壌水分度、ハウス内の静止画など、環境を確認できるようになる。

DATA

株式会社セラク


取材・文/小高朋子

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. 「ワタミオーガニックランド」が2021年にオープン! 独自の6次産業モデルを再現
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル