注目キーワード

最新技術

AIがデータを収集して解析!? イギリス農業はここまで進化していた

イギリスでは、ロボットやAIが農業生産性の向上や収穫高の最大化に貢献している。新しい農業の形を見てみよう。

作物の生育や健康を可視化
圃場向けデータ収集ロボット

英国で開発された「マムット」は地上から田畑や果樹園のデータを自動収集・解析し、作物の生育状況や健康状態を可視化するロボットだ。

立体写真撮影用カメラ、慣性計測装置、LiDER、コンパス、走行距離計といった様々なセンサーが圃場のデータを自動で収集し、人工知能(AI)システムがセンサーデータを統合。これによって現在地をリアルタイムで把握し、自律走行しながら圃場のマップを作成する仕組みとなっている。



「マムット」は衛星やドローンが上空から把握しきれない圃場の状態をつぶさに可視化し、農業生産性の向上や収穫高の最大化に役立てられるのが利点。これまでに英国のトウモロコシ畑や果樹園で試験的に導入されている。


TEXT:Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.11(2019年春号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. 雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正