再エネ・最新技術

加工場やカフェは「テント建築」で安くオシャレに!

生産緑地法の改正により、農地でも加工場や飲食店が建設できるようになった。せっかく建てるなら、低コストかつオシャレな見た目にしたい……そこで今増えているのが、少ない費用でも強度とデザイン性を兼ね備えた施設が建てられる「テント建築」だ。

自然災害に強い!
軽量な屋根で安全な設計

テント建築の屋根は、高強度かつ高耐久な建築材料としての認定を受けた、厚さ1mm以下かつ重量1kg/㎡以下の膜材料を使用。建物の耐震性が高くなることに加え、基礎への負担が軽くなり、軟弱地盤でも杭工事が不要。また、柔軟性の高い膜材は破損や飛散のリスクも下げてくれるため、落下による2次災害も起きにくい。

建物は高強度で安全!

日中は照明いらずの明るさ!
自然光による心地よい空間

膜屋根の高い透光率で、まるで屋外のような明るく開放的な空間を実現。明るさの移り変わりを体感でき、体内時計の調節に寄与するため、作業効率の向上にも期待できる。膜屋根は、太陽光と雨の力で自浄する「セルフクリーニング機能」を選択することで綺麗なまま明るさをキープでき、照明コストの節減・省エネ効果も。

自然光を取り込む室内

照明無しでも明るく、省エネ効果抜群だ。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 中国大手IT企業が開発! AIを活用した農業用モニタリングシステム
  2. 3分でわかる農家トレンド『ソーラーシェアリング』
  3. キイチゴ類の受粉を自動化! 「受粉ロボット」がアメリカで開発中
  4. 電子版無料配信中! フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.08 7/9発行!
  5. 世界一安い! 腰痛のリスクを軽減するアシストスーツが2万円台!
  6. 収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式
  7. 太陽光×農業がイノベーションを巻き起こす!
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. 成功する農業後継~時代を超えて繋がれた”先々代の夢”
  10. <体験レポート>ゴルフカートは町ナカのブドウ農家で使えるか?
アグリ・ビジネス・ジャパン 2018   あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル