注目キーワード

生産者の取組み

こんな立地でなぜ人が集まる? 「ぽつんと」ジェラートショップ

田んぼに囲まれた場所や、山の中の商業施設のない場所に「ぽつんと」ある、酪農家が営むジェラートショップ。行きづらい場所にあるのにも関わらず、いつもお客さんでお店が賑わっているのはなぜか?そして、そんな立地にお店を出す理由とは。

アイキャッチ:MUCCA(ムッカ)

年間25万人を集客する人気店も

酪農家が営むジェラートショップをたびたび取材する。

農水省によると、6次産業化に取り組む酪農家は236軒(2014年時点)あり、その代表的な乳製品がジェラートを含む「アイス・ソフトクリーム」だ。236軒の酪農家が使用する牛乳の42%が、アイス・ソフトクリームに向けられているという。

筆者はこれまで、取材を含め10軒ほど訪ねたが、印象に残るのはショップの立地だ。人の往来が少なく、周りに商業施設もない場所に「ぽつん」と建っていることが思いのほか多い。田んぼに囲まれたショップもあれば、山の中にあるショップもある。

ショップが、牧場の近くにあるからということではない。むしろ、防疫上の問題から、牧場の近くで、不特定多数の人が来るジェラートショップを作ることは避けなければならない。

それにも関わらず、その集客力に驚かされる。多いところは年間25万人が来ているというが、さらに大勢を集客するジェラートショップも存在している。立地条件を考えると快挙としか言いようがない。

立地選定と重なる出店目的

「ぽつん」とした立地にショップを出すには、それなりの理由がある。そこには「なぜ自分たちがジェラートショップをやっているのか」という酪農家の原点と重なる。

酪農家たちに、ジェラートショップの出店理由を聞くと、「自分たちが搾っている牛乳を何らかの形で消費者に直接届けたい」という声とともに、「酪農という仕事、農業の大切さを消費者に知ってもらいたいから」という声をよく聞く。

新鮮な牛乳を原料にしたジェラートの味は申し分なくおいしい。ただ「おいしい」で終わるのではなく、味の背景にあるストーリー(酪農という仕事の意義、牧草を育む農地があってこそ牛のエサが作られるなど)に思いをはせてもらいたいという熱い思いを持っている。

だからといって、牧場主がお客さんにいちいち説教するわけではない。

まずは、のんびりとした場所で、しばし時間を忘れ、ゆっくりと味わってもらう。そんな空間が気に入って何度も訪れるうちに、酪農や農業について思いをはせてくれ、やがては酪農のよき理解者になってもらえるのでは?そんな期待から、駅前や市街地など商業上有利な場所ではなく、自ずと農村の立地を選ぶようだ。

もっとも、市街地に比べた時の地価の安さや、十分な駐車スペースなど現実的な観点から立地を選択する面もある。



明確な戦略と盤石な経営基盤

立地がどうあれ、事業として取り組む以上、当然ながら収益を上げていかなければならない。酪農家たちは、おいしいジェラートを提供するだけでなく、ジェラートを味わう空間づくりを含め、実にさまざまな工夫や努力をしている。

手づくりアイスクリーム牧舎松ぼっくり

岩手県雫石町にある「手づくりアイスクリーム牧舎松ぼっくり」は、ショップの裏手にあるカラ松を手入れし、素敵な散歩道として整備している。ウッドデッキやブランコもあり、ジェラートを食べながら森林浴もできるようにしている。
 

MUCCA(ムッカ)

香川県三木町にある「MUCCA(ムッカ)」は、空き家だった古民家を改装して、ジェラートショップにした。フレーバーに使う果物などの素材はいずれも、地元で生産されたり、牧場主が厳選したものだけを使っており、「ここでしか食べられないジェラート」を提供している。

先日訪ねた兵庫県赤穂市の「ジェラートショップTETE」。同市で牧場を営む丸尾牧場が、2019年にオープンしたばかりのジェラートショップだ。

子育て中のお母さんたちがゆっくりと時間を過ごせるよう、子供たちが安全に遊ぶことができるスペースを確保している。こだわりはそれぞれだが、わざわざ行きたくなるような工夫を凝らし、それが訪れる人に届いているからこそ、集客に成功しているのだろう。

また、本業である酪農経営が順調に推移していることも、ジェラートショップが事業として成立する前提条件となる。明確な戦略と盤石な経営基盤を持つ牧場が運営していることが、ぽつんとジェラートショップの存立要件だといえる。

PROFILE

農業ジャーナリスト

青山浩子


愛知県生まれ。1986年京都外国語大学卒業。1999年より農業関係のジャーナリストとして活動中。2019年筑波大学生命環境科学研究科修了(農学博士)。農業関連の月刊誌、新聞などに連載。著書に「強い農業をつくる」「『農』が変える食ビジネス」(いずれも日本経済新聞出版社)「2025年日本の農業ビジネス」(講談社現代新書)など。現在、日本農業法人協会理事、農政ジャーナリストの会幹事などをつとめる。2018年より新潟食料農業大学非常勤講師。

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 株式会社クラレ主催!「化学する農業」がテーマの展示会とは!?
  2. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 施設園芸は次のステージへ! 多くの作物で高収量を実現させる、期待の“新技術”とは?...
  5. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  6. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  9. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  10. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」エンジン式編

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正