注目キーワード

最新技術

除草剤の使用量が軽減!? 次世代農業レーザーシステム

ドイツの次世代農業のアイデアは、カメラを使って雑草を自動認識し、レーザーを照射することで雑草の生命力を減退させるという画期的なシステム。先進的なテクノロジーの実態とは?

雑草にレーザーを自動照射!
画期的な除草システム

独ボン大学の研究チームは、カメラを使って雑草を自動認識し、短パルスレーザーを照射することで雑草の生命力を減退させるという画期的なシステムを開発。2017年には、研究チームを中心にスタートアップ企業「エスカルダ」を設立し、このシステムを自律走行型のロボット車両やトラクターの付属品として実用化するべく、さらなる開発をすすめている。

このレーザー除草システムは、従来の除草作業を省力化し、除草剤の使用量を大幅に軽減できるのが利点。環境にやさしい持続可能な農業の実現につながる先進的なテクノロジーとして期待が寄せられている。

問い合わせ

www.escarda.net



text: Yukiko Matsuoka

『AGRI JOURNAL』vol.6より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. 【検証レポート】本当に石の飛散が少ないのか? 噂のバッテリー式「T字型バリカン」草刈機を体験!...
  3. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  4. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.24|¥0
2022/7/20発行

お詫びと訂正