再エネ・最新技術

新モデルの環境制御盤がずらり、AI搭載の次世代制御盤も

ハウス内の環境を遠隔監視・制御できる農業クラウドサービス「アグリネット」を展開するネポンのブースには、発売予定、さらには開発中の次世代型環境制御盤がずらり。AI搭載で、会話ができる制御盤などが注目を集めていた。

人工知能と会話できる
次世代制御盤が登場

2018年7月11日~13日、東京ビッグサイトで「施設園芸・植物工場展 2018(GPEC)」が開催された。アグリジャーナル編集部は、会場内の各ブースを徹底取材。注目ブースを、複数回に分けて紹介する。今回は、農業クラウドサービス「アグリネット」を展開するネポン株式会社だ。

アグリネットは、ハウス内の温度・湿度・照度・CO2濃度などの環境をセンサーでモニタリングし、離れた場所でも端末上で確認できるクラウドサービス。環境制御盤などと組み合わせて、離れた場所のハウスの環境設定を遠隔制御することもできる。

今回のイベントブースには、発売予定、さらには開発中の制御盤がずらりと並んだ。かん水制御盤SPC-6000と、統合環境制御盤MC-6001は、今秋発売予定の新製品。いずれも4.3インチカラー液晶とジョグダイヤルを搭載し、使いやすさがアップしている。


かん水制御盤SPC-6000(左)と統合環境制御盤MC-6001(右)は今秋発売予定

開発中の次世代制御盤「α-one」は、大型のタッチパネルを採用し、設備機器との接続を無線化。今回はデモとして、小型の扇風機などと無線接続していた。


タッチパネル式になり、設備機器との接続を無線化した「α-one」(開発中)

さらに驚かされたのが、AI搭載の次世代制御盤「Infinity」。なんと、言葉で質問を投げかけると、最適な回答を返してくれる。つまり、制御盤と会話ができるのだ。「窓を開けて」「カーテンを閉めて」というような指示が会話形式で行えるほか、ユーザーが抱いている栽培の課題に対して最適な提案をしてくれるという。


AI機能搭載で会話ができる次世代制御盤「Infinity」(開発中)

ネポンのブース担当者は「たとえば携帯電話は、最初は白黒の液晶画面だったものが、カラー画面になり、大画面のスマートフォンへと進化してきた。操作方法も、ダイヤルボタンからタッチパネルになり、今では音声認識も標準機能になってきている。当社の制御盤も、まさに同じように進化していく」と語った。

「α-one」や「Infinity」といった開発中の次世代型制御盤も、惜しみなく出展して、会場の耳目を集めていたネポン。今後の取り組みからも、ますます目が離せない。

DATA

農業クラウドサービス アグリネット|ネポン株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  2. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 今こそ取得したい! 話題の「GAP」認証メリットは?
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  8. リンゴの輸入量が急増、2年連続で4,000トンに迫る勢い
  9. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  10. オリジナルの包装資材が作れる! 農家向けパッケージ制作サービス登場
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル