注目キーワード

最新技術

農業用ドローン、どう使う? スマート農業に欠かせないセンシング技術

③伸びしろが大きい
センシング用ドローンは
生体測定と圃場測定で使われる

小麦・水稲での実証実験で
精度は確認されている

SIP農業分野で期待されているように、農業用ドローンとして伸びしろが大きい用途はセンシング分野である。その実用化に向けて、数多くの実証実験が行われている。その中心となるのは生体の測定だ。

たとえば、小麦栽培においてスペクトルセンサを搭載したドローンを飛ばしてクロロフィル(葉緑素)総量を測定し、追肥量の決定、収量・タンパク質含有量の推定が行われた。



そのほか、熱赤外線センサーと温湿度センサーを搭載したドローンにより水ストレスを算出し、その結果に応じて地上の自動潅水装置を遠隔制御することも検討されている。

また水稲栽培では、窒素含有量を算出して追肥の要否および量を決定する実証実験も行われている。一部ではセンシング用ドローンの販売・導入も始まっており、今後数年でのさらなる加速が期待される。


text: Reggy Kawashima

AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

< 12

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 化学農薬に依存しない近未来の防除技術「青色レーザー」「オールマイティ天敵」「共生微生物」に迫る...
  2. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. 海藻のチカラを活かす肥料・畜産飼料に注目! どんな効果がある?
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. ホームセンター各社に聞いた、2024年注目の農業資材[コメリ・カインズ・農家の店しんしん・山新]...
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  10. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正