注目キーワード

最新技術

地下で作物を栽培!? カナダで開発された「垂直農業ソリューション」とは

海外のわくわくする情報をお届け! カナダではなんと、地下で作物を栽培するソリューションが登場した。どのような仕組みなのか、どんなメリットがあるのか、さっそく見ていこう。

地下で作物を年中栽培できる
垂直農業ソリューション

カナダのグリーンフォージズ社は、地下に設置するモジュール式の垂直農業ソリューションを開発した。直径約1mの穴に円柱状の垂直農業ソリューションをおさめ、生育環境を常時、自動で最適に制御しながら、葉野菜やハーブを水耕栽培する仕組みだ。収穫やメンテナンスのときにはこれを地上に引き上げて作業を行う。



地下は地上よりも昼夜や季節での温度差が小さいため、地上での垂直農業に比べてエネルギー消費量を30~40%軽減できる。また、露地栽培の1/10のスペースで足り、都市部でも導入しやすい。2022年秋にはカナダ東部モントリオールでこのソリューションを導入した初の地下施設を開設する計画だ。

グリーンフォージズ社

©GreenForges Inc.


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.23(2022年春号)より転載



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  3. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  7. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  8. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. 「ローカル5G×スマートグラス×AR」で行う遠隔地からの農業支援は現実になるか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正