注目キーワード

最新技術

バナナの果実を茎から離す!ロボットアームを開発中

サステナブルな農業に向けて、海外で開発・活用が進むアグリテック情報をお届けするWORLD AGRI NEWS。今回は、オーストラリアで開発中のロボットアームを紹介する。

大幅な効率化!
ロボットアームを開発中


豪北東部のクイーンズランド州は、豪州でバナナの生産量の94%を占める主産地だ。地元クイーンズランド工科大学の研究チームは、200万豪ドル(約1億9600万円)の助成を受け、AI・ロボティクス技術の専門研究機関ARMハブや豪州バナナ生産者協議会らと協業し、バナナの果実を茎から切り離す「デハンドリング」の工程を自動化するロボットアームの開発に取り組んでいる。この工程は熟練を要し、身体的な負担の大きい手作業を中心とした労働集約型のタスクだ。研究チームでは今後2年かけてロボットアームを試作し、視覚と判断能力を持つビジョンシステムを組み込んだうえで、ARMハブの実験施設で試用し、将来的な商用化を目指す。
 



 

DATA

クイーンズランド工科大学(QUT)


文:松岡由希子 
写真:Horticulture Innovation Australia Limited

AGRI JOURNAL vol.31(2024年春号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. “トリコデルマ菌”の働きをわかりやすく解説! 根張りを増やして収量アップへ...
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. アザミウマの発生を1/10程度に削減! イチゴ農家を救うLEDの赤い光
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...
  6. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  7. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点
  8. 農業・畜産の最新技術が熊本に集結!西日本最大級の総合展『J AGRI』5月22日から開催...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正