注目キーワード

最新技術

カゴメ×NEC 加工用トマトの営農支援会社をポルトガルに設立

2022年6月15日、カゴメと日本電気(NEC)が記者発表を行った。本年度の7月、AIを活用して加工用トマトの営農支援を行う合弁会社「DXAS Agricultural Technology(ディクサスアグリカルチュラルテクノロジー)」をポルトガルに設立予定であることが発表された。

メイン画像:カゴメ取締役専務執行役員 渡辺美衡さん(左)、スマートアグリ事業部事業部長・新会社DXAS Agricultural Technology CEO 中田健吾さん(中央)、NEC 執行役員常務兼CFO 藤川修さん(右)

加工用トマトに着手した
新会社設立の経緯

加工用トマトの生産は、新興国を中心とした人口増加や経済成長に伴い今後も拡大が見込まれる。しかし持続可能なトマト栽培には、生産者減少への対応や環境負荷低減など様々な課題に取り組む必要がある。

そのような中2015年にNECがカゴメにICTを活用した新しい農業を提案。さらに2020年4月、両社は戦略的パートナーシップ契約を締結した。カゴメ内に新設されたトップ直轄組織・スマートアグリ事業部を中心に、作物の生育状況や土壌水分量など圃場状態を俯瞰できたり、営農指導員がデバイスを使いながら圃場状態をチェックできるNECの農業ICTプラットフォーム「CropScope(クロップスコープ)」を使用した。

更なる営農アドバイスの機能・品質の向上を図るとともに、営農支援事業のマーケティングと将来の可能性を研究してきた両社は、営農支援事業における技術開発の加速や営業活動の強化を目的に新会社による事業を開始することとなった。そこで、この度発表された合弁会社「DXAS Agricultural Technology(ディクサスアグリカルチュラルテクノロジー)」が設立されることとなったのだ。


環境に優しく収益性の高い営農を
世界の持続可能な農業に貢献

新会社では、農業をスマートに管理する集約された情報に基づき、関係者が共に成長するプラットフォームとして「CropScope」を提供。蓄積してきたAI技術から新たな価値の創出、サービス強化を加速するという。

アグロノミースキル要員を各国に配置し、最適なサービス提案・テクノロジーの適用を支援することが新会社での強化のポイントであり、グローバルトマト市場でのシェアNo.1を目標としている。気候変動に適応するサステナブル農業、Low input high output、生産効率の向上を実現する新しい農業の確立を目指す両社からのコメントは以下の通り。

カゴメ 取締役専務執行役員 渡辺美衡

持続可能な環境と収益性の高い営農を同時に実現する「CropScope」を活用したこの事業は、私たちカゴメと同じように、トマトのおいしさや栄養価値で人々の健康に貢献したいと考える生産者の願いを叶えるものだと考えております。本事業を通じて、環境にやさしいトマト栽培の実現やお客様の食と健康といった社会的価値への貢献を、新会社ならびに当社の成長に繋げてまいります。

NEC 執行役員常務兼CFO 藤川修

温暖化や気候変動、土壌汚染、水・肥料の高騰といった厳しい地球環境の中、消費者に安全な食を届けなければならない生産現場に対し、AIなどの先進技術を活用することで何か価値を提供できないかと言う想いでカゴメと一緒に開発を続けてまいりました。NECの技術により社会に対し直接的な価値を提供し、世界の食と農に貢献し続けていくことを新会社とカゴメとともに目指してまいります。

世界各国での持続可能な農業に貢献する2社の化学反応にこれからも注目したい。

問い合わせ先:NEC 事業開発統括部 AgriTechグループ



関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...
  2. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  3. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  4. 真夏の暑さ対策に! 「冷たさ」が肌にダイレクトに届く、進化した水冷式ウエア...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 長時間の草刈りの強い味方! コメリ発、簡単操作の自走式草刈機と除草剤...
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  9. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  10. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正