注目キーワード

最新技術

宇宙から圃場の状態を詳細に可視化!カナダのスタートアップ、高解像度のカメラ技術を開発

人工衛星から撮影するハイパースペクトル画像は、これまで見えなかった情報を詳細に可視化できるのが特徴。スマート農業に活用し、農作物の収量向上へつなげる仕組みとは?

宇宙から圃場の状態を
緻密に管理!

カナダのスタートアップ企業ワイバーンは、人工衛星から高解像度のハイパースペクトル画像を撮影できる独自のカメラ技術を開発した。

ハイパースペクトル画像は、従来よりもはるかに細かい波長を認識し、異なる波長の画像を何百枚も重ね合わせて生成される。これまで見えなかった情報を詳細に可視化できるのが特徴だ。スマート農業に活用することで、圃場の状態を宇宙から緻密に把握でき、水や肥料、農薬の使用量を最適化しながら、農作物の収量向上につなげられる。

ワイバーンは2022年2月、カナダ政府が設立した財団から400万カナダドル(約4.2兆円)を調達。このカメラ技術を搭載した初の人工衛星「ドラゴンアイ」を2022年末までに打ち上げる計画だ。 

© Wyvern Inc.

  

DATA

Wyvern WEBサイト


文:松岡由希子

AGRI JOURNAL vol.25(2022年秋号)より転載

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 化学農薬に依存しない近未来の防除技術「青色レーザー」「オールマイティ天敵」「共生微生物」に迫る...
  2. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. 海藻のチカラを活かす肥料・畜産飼料に注目! どんな効果がある?
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. ホームセンター各社に聞いた、2024年注目の農業資材[コメリ・カインズ・農家の店しんしん・山新]...
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  10. 土壌を豊かにし、環境を再生する不耕起・草生栽培|日本での現状と、普及への道筋とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正