再エネ・最新技術

安定量産! 手軽に始められる植物工場4選

大規模なシステムからレンタルで手軽に始められる植物工場は、多種多様になってきている。数ある植物工場から注目度の高いものをピックアップした。

収穫量は倍増!電気コストは1/2!
SHIGYOユニット

07a

山口大学農学部の執行正義(しぎょうまさよし)氏と同社が共同開発したLED高速栽培法「SHIGYO法」に、野菜栽培に必要な設備を完備した植物工場ユニット。植物の光合成に最適化されたLED照明と、品種に合わせた最適な照射方法を採用し、通常の植物工場より出荷サイクルを短縮。さらに収穫量が増加させ、電気代も蛍光灯の2分の1程度の低コストを実現。事業化検討から稼働、運営までをサポートしてくれる。

問:昭和電工株式会社
昭和電工株式会社 公式HP


多種多彩な野菜を連続生産
「やさいばこ」

02a

小型植物工場、ショーケース型植物工場、本格中型植物工場と、ニーズに合わせたサイズでラインナップ展開するユニットハウス式植物工場。ユニットハウスメーカーとして45年の歴史があり、工場の設計から生産、工事、設備導入まで、楽に進めることができる。施設内では、植物の生育に必要な光、温湿度、培養液などの環境条件を、人工的に制御。フリルレタスやバジルなどの多彩な野菜を、季節に関係なく連続生産できる。

問:三協フロンテア株式会社
三協フロンテア株式会社 公式HP

12

関連記事

2016/11/28 | 再エネ・最新技術

人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選

アクセスランキング

  1. 加工場やカフェは「テント建築」で安くオシャレに!
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. 極上の履き心地! 長時間でも疲れにくい農業ブーツ
  4. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  5. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  6. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  7. “誰でもできる”高糖度トマトの農法を聞いてきた!
  8. 【事例紹介】農福連携~企業・福祉施設・行政の取り組み
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.07 / ¥0
2018年3月30日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル