注目キーワード

最新技術

安定量産! 手軽に始められる植物工場4選

自動潅水プランターで生産効率UP!
「プラネット植物工場」

01a

常にフレッシュで安定した養液管理を行う自動灌水プランターによって、肥料や排水のコストが抑えられ、排水による環境への悪影響もない。養液以外でも、光や温度・湿度・ CO2といった環境制御も、一括自動管理が可能であり、植物栽培用LED照明の組み合わせによって、生産効率の高い集積型植物工場を実現している。省スペースで設備工事が簡単なのも魅力的だ。

問:株式会社グリーンネット
株式会社グリーンネット 公式HP


結球レタスを安定量産できる技術を確立
「大気グリーンファーム」

fac_03a_new

これまで植物工場では生産不可能とされてきた結球レタスの生産を、安定量産できる技術を確立した植物工場。販売する株式会社大気社は、メンテナンスや栽培に関するコンサルティングも行って生産者を全面的にバックアップする。最大の特長は高い収穫率。温度ムラがない独自の空調システムにより最大12段の多段栽培を実現し、高い栄養価のおいしい野菜が生産できる。

問:株式会社大気社
株式会社大気社 公式HP

 


Text:Mikako Hirose

※『SOLAR JOURNAL』 vol.15 より転載

< 12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 草刈りの安全性と効率アップに! 刈払機に取り付けられるアタッチメント2選...
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  7. 【募集】モニター募集!9月撮影、ロボットによる草刈り作業体験!
  8. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 亀岡盆地の京野菜生産が危機に直面 原因は「投機目的での農地所有」の蔓延にあった...
アグリク2020

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正