注目キーワード

「スマート農業」の検索結果

農林水産省は、データ連携によるコメの高付加価値化を推進する「スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム」を設立。2021年8月3日には設立大会を開催。有識者の講演やコンソーシアムの説明が行われた。

データ駆動型の米流通を創造する「スマート・オコメ・チェーンコンソーシアム」設立大会レポート

スマート農業ではサプライチェーンの下流をも巻き込んだ展開が顕著だ。ここでは「スマートフードチェーン」「スマート・オコメ・チェーン」について、その構築に携わる流通経済研究所の折笠氏による解説を聞いた。

農産物流通をスマート化する『スマートフードチェーン』とは

農業用ドローンを活用すれば省力化や高精度化が実現するはずだが、「実際どうやって始めたら良いの?」と第一歩を踏み出せない農業生産者は少なくない。ここでは、ドローンを始めるのに最適なサービスを紹介しよう。

免許や許可は? どこで買う? 農業用ドローン導入に一気通貫・便利なサービスがあった!

日本の耕地面積の約4割を占める中山間地域は、農地の集約化や大型機械の活用が難しく、特に苦しい状況にあると言われている。そんな中山間地域にあって、高品質なトマトで着々と地位を築いている地域がある。

地域一丸となって立ち向かえ! 連作病害にも負けない、中山間地域の星『飛騨トマト』

生産データと収穫データと連携させるには、どうすれば良いのだろう? それを行うことで、どんなメリットがあるのだろう? 今回は石川県のとある農業生産者の取り組みを紹介する。

生産と収穫データを連携させるメリットとは? 独自のスマートシステム構築事例を紹介!

有機栽培されたぶどうから醸造したオーガニックワインが今、若い世代に人気だ。化学肥料や農薬、除草剤を使用せず、環境にやさしい農法で栽培するには? 今回は、世界初のぶどう園向け除草ロボットを紹介しよう。

有機栽培の強い味方! 温室効果ガス排出0のぶどう園向け除草ロボで環境に優しい栽培を

植物の糖レベルを計測する際、従来の方法では植物の一部を切り取る方法があった。スウェーデンの研究チームでは、植物を傷つけることなく維管束組織のグルコースとスクロースのレベルを計測できるバイオセンサーを発明した。

スウェーデンの研究チームが発明! 植物の糖レベルを計測できる画期的なバイオセンサー

スマート農業の第一歩として、肩肘張らずにドローン活用に挑戦してみてはいかがだろうか? ここではソレに最適な空撮ドローン2機種を紹介しよう。

圃場の見回りを省力化しよう! 簡単&リーズナブルな空撮ドローン2機

今や農業で、効率を高め生産性を上げるために欠かせないだろう『スマート化』。誠和では、スマート農業化に投資する生産者が納得のいく投資判断をできるよう、投資に関する「お金」についてのセミナーを開催する。

投資判断をより適切に! 誠和がセミナー「生産者のためのわかりやすいお金」を開催

2021年5月現在、政府が国会に航空法等の一部を改正する法律案を提出した。これにより農業のドローン活用が影響を受けそうだ。ここでは農業に関連するドローンの現行制度と、改正後の新制度で何が変わるのか説明しよう。

ドローンに免許制度が導入される! 航空法改正で農業ドローンはどうなる?

1 2 3 15

特集企画

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/13(水)発行!
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  4. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  5. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  9. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない...
  10. 課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正