「スマート農業」の検索結果

農研機構とバンダイナムコ研究所は、ドローンと人工知能(AI)のディープラーニングを用いた「牧草育種評価法」を開発した。育種家が畑を歩いて肉眼で観察していた優良牧草の選抜作業を、AIが代わりに行えるようになる。

ドローン×AIで牧草選抜を効率的に! 新たに開発された「スマート育種評価法」とは

トマトは、栽培過程で適度な水分ストレスを付与することで高糖度となる。国立大学法人静岡大学と株式会社Happy Quality(所在地:静岡県)の共同研究により、AI(人工知能)の判断に基づいた灌水制御を開発。高糖度トマトを高い可販果率で生産することに成功した。

高糖度トマトが高可販果率で生産できる! 農家の勘に頼らないAIによる灌水制御とは

千葉県木更津市に2019年秋オープンした、サステナブル ファーム&パーク「KURKKU FIELDS」。約9万坪の広大な農場には、持続可能な農業と人と社会のアイデアが詰まっている。

“いのちのてざわり”が詰まった「KURKKU FIELDS」って? 新しい農業の形を具現化

株式会社プラスプラスが、農業シミュレーター「Smart3tene」をリリースした。仮想空間に農園を再現し、その中で機械学習を実施することで、実際のロボットの動きを開発できるサービスだ。仮想のロボットを動作させるシミュレーション環境は、効率的で低予算な開発を実現する。

農業ロボット開発の後押しになるのか? 仮想空間の農業シュミレーションが本格化

東京から車で1時間。千葉県木更津市に2019年秋、サステナブル ファーム&パーク「KURKKU FIELDS」がオープンした。プロデュースしたのは、音楽家の小林武史さん。“いのちのてざわり”を体験してほしいと語る。

「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは

農薬、肥料の使用回数や収穫量といった大事な情報を、台帳やメモで管理していないだろうか。紙での情報管理は、ミスのもと。スマホやパソコンで各種データを管理できる『アグリノート』に切り替えよう。

ノートでの圃場管理はもうウンザリ……。 デジタル化して「次世代農業」を始めよう

ハウス内環境を見える化するサービスに、病害予測機能を搭載した、設置が簡単で使いやすい『プランテクト』。その実力を測るべく、農家さんに本製品を試していただく本企画。後編となる今回は、実際に使用した感想をお伝えしよう。

スマート農業入門の決定版! 病害予測機能搭載のモニタリングツールを試してみた【結果編】

日立システムズ、ソフトビル、オンキヨーの3社が、JAおきなわ中部地区の協力を得て、ハンズフリーデバイスを活用した音声入力システムの実証実験を2020年1月からスタートさせる。音声入力によって作業記録にかかる負担が軽減されるほか、データの活用が容易になるという画期的なシステムの仕組みを見ていこう。

毎日忙しい農家を救う!? 音声入力システムで“スマート農業”を推進!

「農業を盛り上げて、日本を元気にする」を目標に情報を配信してきたアグリジャーナル編集部が、ついにYouTubeチャンネルを開設しました。数あるコンテンツの中でも目玉企画と言われているのが、全国の農家さんの悩みを解決することを目的とした「アグリ大作戦」です。

内容が最先端すぎる…。アグリジャーナル編集部が話題の「農Tube」デビュー!

ヤンマーアグリ株式会社から、自動直進機能搭載の直進アシスト田植機「YR6D/8D」が2020年1月に発売される。自動運転技術「SMARTPILOT」シリーズの第3弾として開発された新製品の特徴と、2019年2月に発売されたオート田植機との相違点を紹介しよう。

直進アシスト田植機「YR6D/8D」が登場! オート田植機との違いを徹底分析

1 2 3 10

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  6. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正