注目キーワード

「トラクター」の検索結果

三菱農業機械が輸入販売をする『ラバータイプディスクハロー』が、長時間を労する耕起作業を短縮してくれると話題だ。同製品を活用して大規模経営の効率化を追求する生牧草の生産者を訪ねた。

耕起作業が桁違いに速い! 生牧草生産者に訊く『ラバータイプディスクハロー』の魅力

2021年3月31日、クボタと三菱マヒンドラ農機が日本市場での業務提携に合意した。ここでは速報的に、その背景と合意内容について説明する。具体的な協業内容については今後協議を進めるとされているが、現時点で明らかにされていることを中心にまとめておこう。

クボタと三菱マヒンドラ農機が業務提携に合意! 農業の現場は何がどう変わるの?

三菱農業機械の『EAGLE DESIGN』が「グッドデザイン賞」を受賞した。この『EAGLE DESIGN』は、三菱農業機械が農業の未来に込めた想いを表現している。

グッドデザイン賞を受賞したトラクター「イーグルデザイン」に込められたメッセージとは?

本州とは比較にならない広大な農地で、稲作に畑作などの土地利用型農業が展開されている北海道。そこで活躍する大型農業機械にも、コンチネンタルタイヤが使われ始めているようだ。

北海道の大地でパワフルに躍動! コンチネンタルタイヤが大型車向けでもシェア拡大中!?

農業機械には気を配っていても、タイヤは放ったらかし……という生産者の方も少なくないのではないだろうか? 今回は、高原野菜の名産地として知られる長野県川上村でコンチネンタルタイヤを使い始めた農家さんにお話を伺った。

農家こそ“タイヤの選択”を! 高原野菜の名産地・川上村のコンチネンタルタイヤに迫る

耐久性と乗り心地でタイヤを選ぼう。乗用車用タイヤの世界的ブランド”コンチネンタル”がトラクター用のタイヤ供給を始めている。

トラクター用タイヤは何で選ぶ? 乗り心地と耐久性を追及した農家注目のタイヤとは

いよいよ現実味が増してきた、自動運転型の農業トラクター。農業機械のスマート化は、実際どこまで進んでいるのだろうか? 現状と未来について、本分野研究における第一人者である北海道大学・野口伸教授に伺った。

「無人での完全自律走行」が実用化!? 2020年、スマート農機は大きく進化する

これまでスマート農機市場に対して静観の構えを見せていた三菱農業機械が遂に沈黙を破り、直進自動操舵装置『SE-Navi』の販売を開始した。国内4メーカーで後発となった本製品には、他社製品にない魅力が詰まっていた。

価格にも注目! 直進自動操舵ができる三菱農業機械の『SE-Navi』

日本の4大総合農機メーカーの一つとして知られている三菱マヒンドラ農機。マヒンドラ&マヒンドラ社(印)と戦略的協業を発表して更なる成長を期す同社の新入社員研修の様子を覗いてみよう。

新入社員をワクワクさせる!? 三菱マヒンドラ農機の社員研修に潜入!

2019年4月より、三菱マヒンドラ農機が、作業機『Deep Chisel(ディープチゼル)』の輸入・販売を開始! 「粗起し」と「心土粉砕」2つの作業を同時に行うことができ、さらなる作業効率アップが期待できる。

簡単整地で作業効率が一気にアップ! トルコの最新機が日本初上陸

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  2. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 農業法人が「キャベツ搬送ロボット」を開発! その能力と実用化の可能性とは...
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. 水田フル活用政策、来年度は「産地交付金」さらに手厚く
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正