注目キーワード

「トラクター」の検索結果

農業機械には気を配っていても、タイヤは放ったらかし……という生産者の方も少なくないのではないだろうか? 今回は、高原野菜の名産地として知られる長野県川上村でコンチネンタルタイヤを使い始めた農家さんにお話を伺った。

農家こそ“タイヤの選択”を! 高原野菜の名産地・川上村のコンチネンタルタイヤに迫る

耐久性と乗り心地でタイヤを選ぼう。乗用車用タイヤの世界的ブランド”コンチネンタル”がトラクター用のタイヤ供給を始めている。

トラクター用タイヤは何で選ぶ? 乗り心地と耐久性を追及した農家注目のタイヤとは

いよいよ現実味が増してきた、自動運転型の農業トラクター。農業機械のスマート化は、実際どこまで進んでいるのだろうか? 現状と未来について、本分野研究における第一人者である北海道大学・野口伸教授に伺った。

「無人での完全自律走行」が実用化!? 2020年、スマート農機は大きく進化する

これまでスマート農機市場に対して静観の構えを見せていた三菱農業機械が遂に沈黙を破り、直進自動操舵装置『SE-Navi』の販売を開始した。国内4メーカーで後発となった本製品には、他社製品にない魅力が詰まっていた。

価格にも注目! 直進自動操舵ができる三菱農業機械の『SE-Navi』

日本の4大総合農機メーカーの一つとして知られている三菱マヒンドラ農機。マヒンドラ&マヒンドラ社(印)と戦略的協業を発表して更なる成長を期す同社の新入社員研修の様子を覗いてみよう。

新入社員をワクワクさせる!? 三菱マヒンドラ農機の社員研修に潜入!

2019年4月より、三菱マヒンドラ農機が、作業機『Deep Chisel(ディープチゼル)』の輸入・販売を開始! 「粗起し」と「心土粉砕」2つの作業を同時に行うことができ、さらなる作業効率アップが期待できる。

簡単整地で作業効率が一気にアップ! トルコの最新機が日本初上陸

最近、自動運転機能を搭載したトラクタが話題を集めている。農業を始めたばかりの人でもベテランと同じように作業できる、夢のような「自動運転農機」。中でも今一番注目したい5台をピックアップ!

リモコン操作&無人運転も!? “自動運転アシスト農機”の進化がスゴい

トラクタにもICTの波が来ている。効率的な農作業を実現するため、高機能化が進んでいるのだ。もっと快適に、もっとカッコいい。近未来感が押し寄せる最新トラクタをピックアップ!

あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選

軽トラは白が当たり前だと思っている人も多いはず。でも、今時の最新軽トラはカラーも選び放題。今回は、今までにはなかったような、おしゃれな色の軽トラ3選をご紹介。

軽トラ=白は古い!? カッコ良すぎるカラフルな最新軽トラ3選

農業機械のスマート化は、実際どこまで進んでいるのだろうか? 「自動運転」や「無人化」といったワードが注目されているが、2018年の現状と未来について、本分野研究における第一人者である北海道大学・野口伸教授にお話を伺った。

無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始

1 2 3

特集企画

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! シーン別「チェンソー選び」バッテリー式編
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 人気沸騰間違いなしの新製品が続々! 日本上陸を果たしたスマート農機に注目...
  4. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  5. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  6. 世界初! 除草剤不要の除草ロボットが登場! 電流で雑草を枯死させる技術とは...
  7. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  8. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  9. 12/3(木)「全国ソーラーシェアリング サミット」開催! オンラインでどこでも参加可能...
  10. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.17 / ¥0
2020/10/14発行

お詫びと訂正