注目キーワード

「ドローン」の検索結果

日本農業は人手不足に苦しんでいる。それが原因で収穫適期を逃すと、食品ロスが発生してしまう。しかし人手不足の状況は、改善される見込みがない。この苦しい未来に立ち向かうべく、エア・ウォーターと東京大学生産技術研究所が共同研究を行っている。

「予測」と「観察」で日本農業の未来を切り開く! エア・ウォーター×東大生研の研究に迫る

生産性を上げて労働時間の短縮を図るため、業務の効率化ができる機械は積極的に取り入れたいもの。昨年11月に開催された第13回農業Weekの展示物のなかから、編集部の注目アイテムを紹介しよう。

きゅうりの自動収穫からドローンの載せ降ろし装置まで! 農作業を効率化できる最新機械

社会における風潮や流行などに合わせ、農家が求めるアイテムも刻々と変化する。日々、農家をはじめとするカスタマーと接するホームセンターに、近年の傾向や注目アイテムを聞いた。

2023年注目農業アイテムはコレだ! ホームセンターおすすめの5選を紹介!

農薬・肥料の散布や、作物の生育状況のセンシングで活用される農業用ドローンだが、始めるには何が必要になるのか? ここでは、農薬散布を行う場合のステップを見ていこう。

農業用ドローン活用を始めてみよう! 農薬散布を行う場合のステップ

『AGRI JOURNAL』2022年秋号、10/6(木)より全国で順次配布開始! 今号は、日々の作業を効率化・ラクにする「農業用ドローン」などスマート農業製品のほか、農作業を快適にするワークウェア、みどり戦略でも注目されるバイオスティミュラント製品など、上手に活用したい最新ツールを紹介。電子版、配信中!

フリーマガジン「アグリジャーナル」2022年秋号10/6(木)発行!

柑橘栽培でドローン自動航行による通年散布を達成した農業生産者がいる。 ここでは、そこに至る苦難の道筋と、達成したことで得られたメリットなどをお伝えしよう。

【散布レシピ公開】ドローンの自動航行で、柑橘の農薬通年散布を実現!

多くの地域で課題となっている耕作放置地対策。兵庫県のある、圃場では、ドローンスクールを行う企業と生産者らが協力して、ドローンを活用した実証に取り組んでいる。

放棄された土地をドローンで再生! 日本の未来を救うスマート農業への挑戦

ビニールハウスへの遮光剤の吹き付けは、時間と手間が掛かるうえ、危険もともなう作業だ。そんな遮光剤の吹き付けを、たった10分程で安全に行える新資材がアキレスから発売された。

ハウスの遮光はドローンで吹き付ける時代へ! 便利・安全『ファインシェードスカイ』

ここから新しい何かが始まるのではないか?そんな期待を抱かせてくれる新施設が誕生する。それが埼玉県春日部市に2022年にオープンする未来型総合農業&ロボティクス研究所『春日部みどりのPARK』だ。

未来の農業がここから始まる! 農業&ロボティクス研究所がオープン

農業用ドローンを活用すれば省力化や高精度化が実現するはずだが、「実際どうやって始めたら良いの?」と第一歩を踏み出せない農業生産者は少なくない。ここでは、ドローンを始めるのに最適なサービスを紹介しよう。

免許や許可は? どこで買う? 農業用ドローン導入に一気通貫・便利なサービスがあった!

1 2 3 4

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  4. サカタのタネとアリスタがバイオスティミュラント分野で協業を発表。GAXY(ギャクシー)が発売へ...
  5. 生分解性マルチに普及の兆し。「カエルーチ」シリーズで作業の省力化&増収へ...
  6. 名物お漬物が消える日 改正食品衛生法の経過措置が5月末で終了
  7. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  8. 水田除草もスマート化! これから活躍が期待できる除草ロボット3選
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正