注目キーワード

「人手不足」の検索結果

新型コロナウイルスの問題は農業にどんな影響を与えるのだろうか。アフターコロナの農業とJAの在り方を考える、中央大学教授の杉浦宣彦氏による連載コラム第2回。

アフターコロナで農業はどうなる? 外国人労働力だよりの農業、終焉へ

お仕事紹介プラットフォーム「シェアフル」では、スキマ時間に農作業に関わりたい個人と、労働力を求める農家のマッチングサービスを開始。農作業の経験が無い人々が、農作業に関わる機会を創出することにより、農業人材不足問題の解決を目指している。

労働力不足をスキマ時間で解決! 需要高まるマッチングサービスが山梨県の農繁期を支援

除草作業は、優先度は低いものの、怠ると作物に悪影響が及ぶ作業だ。除草作業になかなか時間を割けない農家は、除草のプロ集団「西日本グリーン販売株式会社」に委託してはいかがだろう。

雑草対策は万全? 忙しい農家は”プロ”にまかせるという選択肢を!

農業の課題を解決し、発展させていくためには、農業の関係人口を増やしていく必要がある。そうした中、人々と農業をつなぐ拠点が新たに誕生した。

若者の農業離れに警鐘! “都市に暮らす人々と農業をつなぐ場”が鍵になる

農業経験のない二人が独自の視点で、農業の面白さと魅力を伝えるYouTubeがスタート! 農業に対する彼らの試みを紹介する。

農業の魅力を動画で楽しくお届け! 行政から初の「農業系YouTuber」誕生!

働き手不足の悩みを解決するため、会社を超えて仕組みを作っている事例をご紹介! 福島県内の若手農家によって結成された「COOL AGRIの活動」とは?

その手があったか! 複数農家間で人材をシェアして通年雇用を

平成27年の市町村別農業産出額で県内1位、全国でも20位の生産規模を誇る埼玉県深谷市。そんな深谷市も抱えている、後継者不足や遊休農地といった課題。どのような対策を始めているのか、これからの農業に必要なものは何なのか。市長の小島進氏にお話を聞いた。

深谷市長に聞く!農業に若者を呼び込むためのヒント

農業にICTを適用して効率化を図る……そんな動きが活発化しているが、それを グループで実践している例がある。愛知県田原市の若手菊生産者チーム「輪菊プロ」の活動をご紹介しよう。

地域の特産は若手が支える! ICT×チーム農業とは?

農地法の改正や6次産業化、ICT活用……農業界は今、新しい時代を迎えようとしている。昨年開催されたアグリジャーナル主催の「次世代農業セミナー」では、小田原市にゆかりのある有識者などが講師として登壇し、次世代の農業を担う農業従事が知っておくべき「これからの農業」について語られた。

絶対に知っておくべき次世代の農業は? 小田原市でセミナーが開催!

全国でも珍しい、水田でのソーラーシェアリングが秋田県内でスタート。研究者、パネルメーカー、施工会社の3者のスペシャリストがアイディアと技術を注ぎ込み、これまでにない画期的なソーラーシェアリングが完成した。

人口減が進む秋田、水田でソーラーシェアリング始動

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. 草を粉砕して、微生物が心地良い土づくり! “BLOF理論”で安心・安全な野菜を...
  8. 【受付終了】海藻・多糖類型からつくられるバイオスティミュラントってなんだ?...
  9. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  10. 遺伝子を改変してより優れた作物を! ゲノム編集は農業界の革命児となるか...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.20|¥0
2021/7/14発行

お詫びと訂正