「植物工場」の検索結果

農業ビジネスの話題になると必ず出てくる言葉の一つに「植物工場」がある。具体的にどのようなものがそう呼ばれているのだろうか? また、「養液栽培」とは一体何なのか? 2つの関係性について解説する。

【知って得する】植物工場に欠かせない「養液栽培」とは?

GPECで開催された特別セミナーでは、施設園芸・植物工場の収益を向上するためのヒントが語られた。キーワードは「光熱費削減」と「6次産業化」だ。

植物工場、収益向上の鍵は「光熱費削減」と「6次化」

3DプリンターやAIなど、先進技術が次々と登場する昨今。様々な業界で革新がもたらされており、農業も例外ではない。そんななか、農林水産省の有志により、未来の「食」と農業をテーマとしたオープンラボが開催された。

食の未来を問う!農水省若手有志がオープンラボ開催

4月5日(水)~7日(金)の3日間、インテックス大阪で開催された展示会「第1回 関西農業ワールド」。展示されていた中から、新規就農者にもおすすめの注目ブースをご紹介!

農業のスタイルを変える!? 最新システム&資材4選

温室などで太陽光を利用しながら不足光量を人工光源で補光する太陽光利用型植物工場と、人工光を使い温湿度・光強度などを制御することで生産を行う人工光型植物工場。それぞれ2つの種類の植物工場の注目ラインナップを紹介する。

人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選

大規模なシステムからレンタルで手軽に始められる植物工場は、多種多様になってきている。数ある植物工場から注目度の高いものをピックアップした。

安定量産! 手軽に始められる植物工場4選

3日間に渡って開催された国内最大級の農業展「農業ワールド」も本日10月14日が最終日。昨日に続いて、注目の新製品・新サービスを中心に紹介!

圃場の見回りがラクになる! 農業ワールドでも話題のICTツールって?

昨日10月12日から3日間、幕張メッセにて日本最大の農業展「第6回農業ワールド」が開催されている。 海外企業を含む730社が出展する大イベントであるが、ここでは本誌選りすぐりのブースから、新製品・新サービスを中心にレポートをお届けする。

<速報>見つけました! 次世代農業のトレンド①

日本農業の救世主と期待されてきた植物工場。これまでは単一大量生産が主流だったが、いまはコストを抑えつつ、市場ニーズに細やかに対応できる少量多品種生産が求められている。果たして、それは可能なのか?

多品種栽培が可能な最新「コンテナ植物工場」に注目!

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  5. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  6. 遠隔監視&遠隔潅水システムをDIY! 参考にしたい低コストな作り方
  7. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. 田んぼの水位をスマホで確認! 見回り時間を大幅削減するツールとは?
  10. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル