「次世代施設園芸」の検索結果

低温CO2施用機『真呼吸』は、農業を知り尽くし環境制御技術を持つ「誠和」と、燃焼技術を活かした湯まわり設備メーカー「ノーリツ」との、異業種間コラボレーションで生まれた製品だ。この両社は、どのように出会い、如何にして『真呼吸』を生み出したのだろうか?

【特別対談】誠和×ノーリツの異業種コラボ! 『真呼吸』が農業の今後を変える?

鉄骨ポリカハウス『がっちりHOUSE5』。低コストなのに耐久性が高い優れものだ。標準仕様と設備類(オプション)に続いて、今回はオフグリッド化を実現する設備について詳しく紹介する。

高い光熱費から開放される!? ハウス栽培なら「電気の自家消費」がおすすめ

施設栽培生産者にとってCO2の問題は切っても切り離せない。「CO2を適切に供給すれば収量が増える」とはいえ、CO2施用機はあまり普及していない。そんな現状を変える決定打となりそうな製品がついに登場した。

ハウスでの収量不足に悩む農家必見! 夏でも使える”低温CO2施用機”がスゴい

低価格で遠隔管理&潅水システムをDIYする方法は? ネット通販で購入した製品を組み合わせて作り上げたというシステムの全貌を探るべく、島根県出雲市の曽田園芸を訪ねてみた。

遠隔監視&遠隔潅水システムをDIY! 参考にしたい低コストな作り方

自然豊かな茨城県水戸市で、「女性が輝く職場」を実現しているドロップファーム。同社のフルーツトマト生産の現場では、最新の環境制御システムを導入することでよりよい職場づくりを実践している。

ハウス環境を一括制御! 今年導入したい『統合環境制御盤』とは?

圃場の様子を確認できるモニターと、農作業の記録・ 管理に便利な「JGAP」対応システム「みどりクラウド」。この度、複合環境制御盤「ふくごう君」との連携や、新センサーなどが追加され、さらに"現場で使える農業IT"へと進化した。

「みどりクラウド」に新機能! ハウス環境がアプリで操作可能に

自社のトマトをオリジナル商品化し、ほかの誰でもない "自分のファン"づくりを目指している若手就農者がいる。その独自の考え方と、自身が「理想の栽培環境」と語るハウス内の環境づくりの方法を聞いた。

トマトのブランド化に成功した農家直伝! “ハウス内環境”を整える秘訣

キヤノンITソリューションズが、新しいAIプラットフォーム「LaiGHT」を開発した。AIエンジニアの一連の作業を効率化するためのさまざまな機能を搭載。スマート農業ソリューションの開発プロジェクトにも活用されている。

イチゴの収穫量をAIで予測! キヤノンITSが新プラットフォーム開発

GPECで開催された特別セミナーでは、施設園芸・植物工場の収益を向上するためのヒントが語られた。キーワードは「光熱費削減」と「6次産業化」だ。

植物工場、収益向上の鍵は「光熱費削減」と「6次化」

担い手不足や後継者不足、安定収入の厳しさが叫ばれる国内農業。最近では、消費者の食に対する安心・安全の意識の高まりに応えようとした結果、減農薬作物のコスト高に悩むなど、多くの課題を抱えている。こうしたなか、解決策の一つとして、養液栽培が注目されている。

「国内養液栽培システム市場」は拡大で推移! そのメリットとは

1 2 3 4

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 低コストなのに耐候性バッチリ! 台風にも負けない新型ビニールハウスが登場
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  5. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  6. 山田杏奈&大友花恋 “新米姉妹”がつなぐ食のバトン
  7. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  8. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  9. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  10. 注目の「次世代運搬アシスト9選」近未来的なサポートスーツも!?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル