「次世代施設園芸」の検索結果

積雪によるハウスの倒壊を防ぐ「スノーレジスト」に、パイプの径を太くして剛性を高めた48×42セットが新登場。89cmの積雪に耐えられるよう、さらなる強靭化を施した。

ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加

ハウス内の環境を遠隔監視・制御できる農業クラウドサービス「アグリネット」を展開するネポンのブースには、発売予定、さらには開発中の次世代型環境制御盤がずらり。AI搭載で、会話ができる制御盤などが注目を集めていた。

新モデルの環境制御盤がずらり、AI搭載の次世代制御盤も

デンソー・大仙・トヨタネの3社は、各社の技術を活用した次世代型農業用ハウス「プロファーム T-キューブ」を新開発。さらに合弁会社トリシードアグリを設立し、農作物の栽培を一貫してサポートする体制を構築する。

デンソー・大仙・トヨタネの3社が「次世代農業用ハウス」開発

ヒートポンプ空調は、リーズナブルなコストで、冬場の暖房装置として、また夏には冷房装置としても活用できる。そのメリットをフル活用して、高品質なバラを周年生産する農家の事例をご紹介しよう。

低コストのヒートポンプ空調でバラの品質がアップ!

人気のフルーツトマトのなかでも、売り場を拡大中の「オスミックトマト」。最近登場したこのトマトが支持される理由は、消費者の心を掴む特徴にあった。

話題の「オスミックトマト」が売れている理由は?

ハウス栽培では最適な環境を実現することが、高収量・高品質を確保するうえで重要となる。その最適な環境を、驚くほど少ない経費で実現している生産者を訪ねた。

ハウスの冷暖房費を1/3に減!高性能ヒートポンプ

「アメーラ」は、約8度以上もの糖度を誇る、有名な高糖度トマトブランドのひとつ。このアメーラを栽培するハウスで使われている、農業クラウドサービスを紹介しよう。

値段が10倍!? 人気ブランドトマトに求められるもの

茨城県農林水産部産地振興課では、平成27年度9月から、県オリジナルのイチゴ「いばらキッス」のブランド強化のためにICTの活用を開始、着実に成果を上げている。県と一緒に現地実証を行っている濱野さんの圃場で話を伺った。

ICTで生産ノウハウを共有!茨城の地域農業の成功例

植物の成長を早めたり、栄養価の高い野菜を育てたり、メリットの多い植物育成用LED照明。日本でも植物工場での活用ニーズが高まっている。

LED導入ニーズ、太陽光利用型ハウスでも高まる

最先端の栽培施設「トマトパーク」で世界基準を学び、施設園芸トマト経営のスペシャリストを目指せる学校が開校した。

「最先端トマト農家」になるための学校が開校

1 2

アクセスランキング

  1. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  2. 農家の頼れる相棒! クールな次世代『運搬車』5選
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  4. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  5. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  6. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  7. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  8. ハウスを積雪から守る支柱ユニットに、強度を上げた新タイプ追加
  9. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  10. 知っておきたい!雑草防除ギアの基礎知識【刈払機・草刈機編】
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.08 / ¥0
2018年7月9日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル