注目キーワード

最新技術

デジタルツインの仮想空間でハウス設備を再現!見える化の概念を変える環境制御システムが発売

「2025年までに農業の担い手のほぼ全てがデータを活用した農業を実践する」という政策目標が掲げられるなか、メタバースのようにハウス内のセンサーや機器を見える化して制御できるシステムが発売される。

“見える化”の概念が変わる!
新システム『Sfumato』

「『2025年までに農業の担い手のほぼ全てがデータを活用した農業を実践する』という政策目標が掲げられていますが、それでもスマート農業がなかなか進まない要因の一つに、理解の難しさがあると考えました。よりわかりやすく、面白く……というところを重視して『Sfumato(スフマート)』の新システム開発に取り組みました」。
そう話すのは、株式会社オムニア・コンチェルト執行役員の潘博文さん。Sfumatoは、広範囲で機器の制御が可能な環境制御システムだが、今回の開発により、「データの見える化」「センサー・機器の見える化」「制御の見える化」を一新させるという。「例えば、トマトを栽培するときに、CO2の濃度がどの程度になったら良いのか、グラフを見ただけでわかるようになります」。


Sfumatoの開発中のモニター画面。機器の稼働状態が、立面図や平面図での表示によって理解しやすい。


Sfumatoの開発中のモニター画面。グラフや詳細データの表示についても一新される。

「また、ハウス内のセンサー・機器をすべてXYZ軸の立体空間で、3Dアニメーションで表示させ、誰でも視覚的に理解できるようにします。例えば、温度を下げようとスマートフォン等の端末からファンを回して換気する場合、実際に指令が出たとしても本当に回っているのか、温度の推移を見ないとわかりませんでした。それが今後、自分がメタバースのようにハウスの中に入る感覚で、物理的に機器の状態がわかるようになります」。同社が目指すのは、「ITに不慣れな方や高齢の方でも使いやすいシステム」。製品の開発は、2023年秋の販売を目指して進行中。5/24(水)~26(金)にグランメッセ熊本で開催の「九州農業WEEK」会場で、初お披露目される予定だ。

 

木質バイオマス資源を活用!
オムニア・コンチェルトの農林業への取り組み

木製ハウスでの実証を開始

Sfumatoの新システム開発を行うオムニア・コンチェルトは、農林業を中心とした幅広い事業を展開している。なかでも現在力を入れるのが、林木育種を主軸として、木を用いた街創りや、木製の農業用ハウスのマーケット展開に伴う環境制御技術開発だ。
木製ハウスは、ビニールの代わりに植物由来のフィルムを、パイプや鉄骨の代わりに間伐材を活用して建てられるハウス。そこに、ブラインドで日射量をコントロールしながら太陽光パネルで発電できる「両面太陽光 パネル日射制御システム」を搭載。太陽光パネルも両面対応として、発電効率を上げながら、日射量を植物に最適化できるように制御。発電量なども遠隔監視で確認できる。
現在宮崎県串間市や、その他研究機関で実証を行っており、2030年に向けて農林業ハウスの改革を目指している。

DATA

農林業用 環境監視・制御システム
Sfumato(スフマート)

温度、湿度、CO2濃度、照度、pH、EC、土中温度、土中湿度、風力、気圧などの環境データや、CO2やAir制御の供給流量、積算流量状況をスマートフォンやタブレットからリアルタイムで確認できるシステム。CO2局所施用コントローラー「ブレス」や、光合成効率促進装置「コンダクター」、環境統合制御機器「コンチェルト」に接続して使用する。

 

問い合わせ

株式会社オムニア・コンチェルト

Sponsored by 株式会社オムニア・コンチェルト

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 土壌の保水力・保肥力を向上させる「EFポリマー」が日本随一の畑作地帯・十勝に上陸!...
  2. 福岡と愛知でも開発中! 生育データを活用したイチゴ栽培システム
  3. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  4. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  5. 多様なニーズに応える新品種イチゴ 農研機構と民間企業の共同開発に注目!...
  6. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  7. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  8. 凍霜被害は低コスト・高効率に対策できる! 防霜バイオスティミュラント資材に迫る...
  9. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  10. 割れを防いで良品率アップ! 天然保水性ポリマー「EFポリマー」がニンジンのブランド化に貢献...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.30|¥0
2024/01/19発行

お詫びと訂正