「次世代農業」の検索結果

三重県が、今年4月に開講した「みえ農業版MBA養成塾」の2期生を募集する。それに先立ち、公式ホームページをオープンして、多種多様な人材を募る。また、11月24日(土)には東京で説明会も開催する。

三重県「みえ農業版MBA養成塾」2期生募集! 若手就農者の育成に本腰!

農研機構は、宮崎県や熊本県らとともに、加工・業務用ホウレンソウの機械収獲体系を構築。従来と比べて、収穫作業時間を1/5~1/10に短縮し、さらに生産コストも削減したという。

収穫時間を10分の1に短縮! 農研機構が「中小規模生産者向け」新方式

農水省は、現場で働く農業者と、最新技術を研究する企業や研究機関が直接対話できるイベントを、9月21日に開催する。今回のテーマは「野菜」だ。

農水省「農業者と企業・研究機関の直接対話」イベント、9月21日に

新規就農を目指す社会人を対象とした週末農業学校「アグリイノベーション大学校」を運営しているマイファームが、来春、兵庫県丹波市に全日制の農業学校を開校する。新規就農者を呼び込み、地域農業を活性化していく取り組みとは。

マイファームが全日制の農業学校を来春開校@兵庫県丹波市 

"次世代農業トレンド"の一つとして、目覚ましい進化を遂げている農業機械分野。自動運転や無人化がキーワードとなっているが、新たにトラクターを購入すると少々値が張る。そこで注目したいのが「自動操舵システム」だ。今使っている農機に取り付けるだけで、農作業がグッと快適になる。

手持ちの農機を「自動操縦化」!? 旋回にも対応した新システムが登場

千葉県の農業団体「ベジフルファーム」と、大阪府のヘアサロン「LINE hair salon」がコラボして実現した、"農業をカッコよく"するデザインプロジェクト。先日写真が公開されたが、果たしてどんな作品に仕上がったのだろう?

元ヤン農家とヘアサロンがコラボ! 若者に農業の魅力を伝えるアイデア

次世代農業の現場において実用が進む農業用ドローン。ラインナップも多く、使いどころは様々だ。今回は、その中でも注目したい17製品をピックアップ! 使用用途に合わせてチェックして、お気に入りのドローンを探そう。

農薬散布から画像分析まで! 種類別「最新農業用ドローン」17選

実際に食べなくても、野菜や果物の味がわかる――「おいしさの見える化」を実現した、スマートフォンのアプリが登場した。農産物の写真を撮ってクラウドに送信すれば、わずか数秒で「味の解析」ができる。

AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場

農作業の中でも特に肉体への負担が大きい"運搬"。そんな辛い作業を助けてくれる、農家の頼れる相棒をご紹介しよう! 次世代農業を支える注目の運搬車5選を見逃すな!

農家の頼れる相棒! クールな次世代『運搬車』5選

トラクターを使いこなすには、知識や経験が必要になる。そこで開発されたのが、オペレーションシステム「シーモス・フォー・トラクターズ」。設定が最適化されるよう自動でサポートしてくれるという。

オペレーションシステムでトラクターを使いこなす!

1 2

アクセスランキング

  1. 農家の収入を守る「収入保険」、2019年1月スタートの申込期限は12月末まで!
  2. 従来の1/3スペースで保管可能! “重ねてしまえる”人気のコンテナ
  3. 農業×エネルギー読本! アースジャーナル vol.06 発売
  4. 害鳥対策にオススメ! ホームセンターで買える農家必須アイテム
  5. ソーラー発電設備付きなのに安い!? 高耐候の農業用ハウスが話題
  6. 1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例
  7. 注目の「次世代運搬アシスト9選」近未来的なサポートスーツも!?
  8. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  9. 農薬散布から画像分析まで! 種類別「最新農業用ドローン」17選
  10. 農水省による「農泊」推進事業、すでに300地域以上を支援
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル