注目キーワード

「病害虫対策」の検索結果

写真を撮るだけで害虫・病害・雑草の診断ができる、画期的なスマートフォンアプリ『レイミーのAI病害虫雑草診断』。今回は「お米アドバイザー」の認定を持つ米問屋であり、食味豊かな「ホタル米」を栽培する米農家・安藤純一さんに、その実力を早速試してもらった。

雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた

夏場は海水浴客で賑わう千葉県山武市。そんな山武市にある老舗観光イチゴ農園の相葉苺園には、毎年多数のリピーターが訪れるという。

毎年リピーターが続々!? 「また行きたくなる」イチゴ狩り農園の秘密とは?

農林水産省は、2018年6月13日、向こう1ヶ月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)について発表した。都道府県が発表した注意報・特殊報も併せて確認し、しっかり対策しておこう!

農水省が公表「病害虫発生予報」注意報や警報も!?

長期残効性を持つ2成分の組み合わせで、主要病害虫の発生を出穂期までしっかり防除できる「オリザエートスター箱粒剤」って? 豊富な品揃えを誇るホームセンターで欲しかったアイテムをゲットしよう!

いもち病防除に定評!「オリザエートスター」って?

ハウス栽培でも悩みのタネになるのが「虫」。この春、農業用ネット資材を製造・販売するメーカーが、防虫ネットに特殊な手法で薬剤を練り込むことにより、ネットに虫が留まり続けなくなる防虫ネットを販売開始した。その効果は?

特許出願中!「虫イヤ効果のあるハウス専用防虫ネット」の実力とは?

農林水産省は、4月18日、向こう1ヶ月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)について発表した。詳細を確認してしっかり対策しておこう!

今後の病害虫予測発表!作物を守るため要チェック!

生産者にとって病害虫は天敵だ。施設園芸において病害虫が蔓延してしまえば、作物が全滅してしまうこともある。今回は、ある機器の導入により天敵である斑点病を克服して優良生産者の仲間入りをしつつある、高知県の大葉農家の事例をご紹介しよう。

冷暖房費を抑え、斑点病も克服させる施設園芸用ヒートポンプ

近年、ICT技術やスマート農業の推進により、作物の生産管理における様々なシステムが増えているが、今回新たに『AIによる病害虫診断システム』がリリースされたという。無料で誰でも簡単に利用できる、最新サービスの使い方や魅力を紹介!

農作物の病害虫をAIが診断! 国内初のシステム誕生

農家にとって厄介な存在が、畑の作物を荒らす害虫。今までは農薬を散布して駆除するのが一般的だったが、最近、新たな技術の研究が進められている。それが性フェロモンを使った防除技術だ。持続可能な農業につながるその中身とは?

農薬要らず! 性フェロモンで害虫防除できるってホント?

24時間でいちご農家の天敵ハダニが死滅。農作物と親和性の高い炭酸ガスの新しい使い方をご存じだろうか。

農薬ではなく炭酸ガス! ハダニを死滅させるシステム

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. #コロナに負けるな!でフードロスを支援 商品を訳あり価格で出品できる話題のECモール...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 雑草の種類を瞬時に判別! 毎日の農作業がラクになると話題のAIアプリを試してみた...
  4. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  5. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.15 / ¥0
2020年4月17日発行

お詫びと訂正