注目キーワード

「病害虫対策」の検索結果

化学農薬は防除の主役を担い農業生産に貢献してきたが、近年その使用量を減らそうという動きが出てきている。ここではムーンショット型研究開発制度のもとで開発されている「化学農薬に依存しない防除技術」を紹介しよう。

化学農薬に依存しない近未来の防除技術「青色レーザー」「オールマイティ天敵」「共生微生物」に迫る

先月開催された「アグリビジネス創出フェア2023」の出展物のなかから、近未来の物理的防除として期待される「振動」を使用した新しい防除技術を紹介しよう。

近未来の物理的防除は「振動」が担う? コナジラミ防除技術、2025年度にトマト用で製品化予定

品質が良く収量も多い農作物を生産することを目指す「総合的作物管理」=「ICM」。今回は、ICMについての基本からIPMとの違いまで、農林害虫防除研究会 元会長の山本敦司さんにわかりやすく解説してもらった。

総合的作物管理「ICM」とは? IPMやIBMとの違いは?

持続的で効率的な防除につながるIPM。化学農薬を使わない自然・有機農法との違いがわからない人もいるのではないだろうか。今回は、IPMについて基本のキから、農林害虫防除研究会 元会長の山本敦司さんにわかりやすく解説してもらった。

ムリムダの無い病害虫・雑草の防除を! IPMを基本のキからおさらいしよう

イチゴ需要のトップシーズンの冬に比べて、高温での栽培となる夏は、そもそもの収量が少ない上に害虫のアザミウマへの対策も必須となる。 ホタルクスが農業用照明として開発した赤色LED電球は、そんな夏イチゴ生産にとって希望の光となるアイテムだ。

赤色LED電球で夏イチゴの病害虫対策! アザミウマ被害を抑えて収量アップへ

新規就農者をはじめ経験値の低い農家にとって、圃場に出現する病害虫の正体を知ることが、最初に越えるべきハードルとなる。病害虫診断アプリ「エクスペスツ」を利用し、一発で“敵”の正体を知ろう。

病害虫を一発診断! 新規就農者のハードルを下げる病害虫診断アプリ活用に注目

土を使わないため病害虫を防ぎやすい水耕栽培。しかし、決して防除が不要というわけではない。水耕栽培の大敵「根腐病」対策の切り札ともいうべきアイテムを紹介しよう。

ナイロン製の黒いシートが防除剤? 銀の力で根腐病から守る、水耕栽培の切り札とは

生産者のあったらいいなをカタチにしたい! 高性能と低価格を両立したジャパンマグネットの植物育成用・畜産用LEDから、おすすめの商品7選をご紹介!

植物の防病から育苗、家畜の発情周期の悩みまで解決! 農業用LED7選

高性能と低価格を両立した「ジャパンマグネット」の育成用LED。強力に広い範囲を照射し、コスパにも優れた電球型タイプが新登場!イチゴやメロン、トマト、ナスのうどんこ病対策に威力を発揮するLEDを徹底解説。

日本初登場! 「電球型UV-B LED」下面360度照射で作物の防病対策に

薬剤師に処方された薬を服用すれば病気が治る可能性が高まるように、農薬コンサルタントの知見に頼ることで、病害虫を撃退できる確率がアップする。農薬コンサルタントが実践する農薬散布にまつわるコツと適切な農薬散布に役立つアプリをご紹介しよう。

適切に農薬を使って収益向上&労力削減を目指そう! 失敗しない病害虫対策のコツ

1 2 3

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 農作物・畜産の悩みに海藻が効く? 「アスコフィルム・ノドサム」の効能に注目!...
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. 絶品の柑橘、高評価の要は「光センサー」。ふるさと納税サイトで売上アップへ...
  4. 水田除草もスマート化! これから活躍が期待できる除草ロボット3選
  5. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  6. 名物お漬物が消える日 改正食品衛生法の経過措置が5月末で終了
  7. 【製品モニター募集】超軽量&ハイパワーな共立の新エンジン草刈機を体験しよう!...
  8. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  9. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  10. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正