「6次産業化」の検索結果

「日本ワイン」の表記基準が、10月30日から厳格化される。国産ブドウ100%のものだけが、ラベルに「日本ワイン」と表記できるようになる。

「日本ワイン」の表記基準が厳格化、10月30日から

GPECで開催された特別セミナーでは、施設園芸・植物工場の収益を向上するためのヒントが語られた。キーワードは「光熱費削減」と「6次産業化」だ。

植物工場、収益向上の鍵は「光熱費削減」と「6次化」

農水省が、農山漁村の優れた地域活性化活動を選定・顕彰する「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」。選定された地区が集まるシンポジウムとマルシェが7月4日に開催される。地域活性化への取り組みに関心がある方には、貴重な機会だ。ぜひ参加してみては?

優良な取組から学ぶ!地域活性化シンポジウムとマルシェが開催

農水省が行った農業の「働き方改革」検討会では、様々な経営体が実際におこなった取り組みの内容、これからの課題などが報告された。これらを参考にして、自分が目指す経営の形をもう一度見直してみよう。

農業の「働き方改革」 成功事例を知ろう!

3月10日は「農山漁村女性の日」。女性の活躍で地域は明るく元気になる! 女性社員を起用した開発チームでヒット商品を次々と発表した有限会社飛騨山椒。地元高齢者の協力を得て収量を安定させ、輸出も開始。成功の鍵は一体何だったのか? これは北アルプスの麓、奥飛騨の村人たちの地域活性化 成功の物語だ。

農業で地域活性化〜山椒農家らの挑戦、地元産業は世界で通用するのか?

「百笑は地球を救う!」を合言葉に、自給自足を入り口に農業従事者となった「宇宙農民」チーム。山梨県北杜市にて、稲作、畑作につづき、クラフトビール造りに挑む彼らの、農業を笑って楽しむ方法とは?

「宇宙農民」に学ぶ! 理想的な農業と生き方

近年、生産者と消費者の交流の場として、全国各地で頻繁に開催されているマルシェ。6次産業化プランナーに聞いた、ビジネスチャンスを拡げるためのマルシェ出店の心得とは?

初めてのマルシェ出店 これだけはやっておきたい6点

6次産業化が新たなステップに向かおうとしている。今回は、野村アグリプランニング&アドバイザリー・上級研究員の仲野真人氏が提案する"6次産業化2.0"についてご紹介しよう。

産地・産業振興に繋げる『6次産業化2.0』とは?

「6次化に挑戦したものの売れなくて困っている……」という悩みを抱える農家は少なくない。現在最高位となる"食プロ段位レベル5"を持つカリスマ6次化プランナーが語る「売れる6次化商品にするためのノウハウ」をご紹介しよう!

バイヤーから見た! 売れる6次化商品のポイント

健康志向の女性を中心に近年人気急上昇中のもち麦。広島県の農業法人(株)トペコおばらでは、新品種「キラリモチ」の生産・直販が好評だ。成功の影には、2017年3月に導入した精麦機の存在があった。

「もち麦ごはん」ブーム コッソリ教える農家の秘密

1 2

アクセスランキング

  1. 農家の収入を守る「収入保険」2019年1月スタート、申込期限は12月末!
  2. 従来の1/3スペースで保管可能! “重ねてしまえる”人気のコンテナ
  3. 農業×エネルギー読本! アースジャーナル vol.06 発売
  4. 害鳥対策にオススメ! ホームセンターで買える農家必須アイテム
  5. ソーラー発電設備付きなのに安い!? 高耐候の農業用ハウスが話題
  6. 1つ9,000円の”高級石鹸”で地域振興! 島民の思いを叶えた6次化成功事例
  7. 注目の「次世代運搬アシスト9選」近未来的なサポートスーツも!?
  8. 農薬散布から画像分析まで! 種類別「最新農業用ドローン」17選
  9. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.09 発行!
  10. 農水省による「農泊」推進事業、すでに300地域以上を支援
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.09 / ¥0
2018年10月5日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル