「6次産業化」の検索結果

農業のIT化で語られやすい、ドローンや無人トラクターなど"ハードのIT化"。もちろんそれも大切だが、中規模以下の農家では、より始めやすい&業務時短につながる"ソフトから進めるIT化"が重要だ。

JAとのやり取りがスムーズに! 作業効率が上がる”営農支援システム”

『お金をかけずに生産物の知名度を高めたい…SNSはどう使うと効果的?」『上手くいっている人は何をしたの?成功事例を聞きたい』……そんな悩みを抱える全国の次世代農家のためのイベント「農商工連携・6次産業化 全国フォーラム」が開催される。

SNSやIT活用が学べるチャンス! 次世代農家向け無料イベントが開催

「日本ワイン」の表記基準が、10月30日から厳格化される。国産ブドウ100%のものだけが、ラベルに「日本ワイン」と表記できるようになる。

「日本ワイン」の表記基準が厳格化、10月30日から

GPECで開催された特別セミナーでは、施設園芸・植物工場の収益を向上するためのヒントが語られた。キーワードは「光熱費削減」と「6次産業化」だ。

植物工場、収益向上の鍵は「光熱費削減」と「6次化」

農水省が、農山漁村の優れた地域活性化活動を選定・顕彰する「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」。選定された地区が集まるシンポジウムとマルシェが7月4日に開催される。地域活性化への取り組みに関心がある方には、貴重な機会だ。ぜひ参加してみては?

優良な取組から学ぶ!地域活性化シンポジウムとマルシェが開催

農水省が行った農業の「働き方改革」検討会では、様々な経営体が実際におこなった取り組みの内容、これからの課題などが報告された。これらを参考にして、自分が目指す経営の形をもう一度見直してみよう。

農業の「働き方改革」 成功事例を知ろう!

3月10日は「農山漁村女性の日」。女性の活躍で地域は明るく元気になる! 女性社員を起用した開発チームでヒット商品を次々と発表した有限会社飛騨山椒。地元高齢者の協力を得て収量を安定させ、輸出も開始。成功の鍵は一体何だったのか? これは北アルプスの麓、奥飛騨の村人たちの地域活性化 成功の物語だ。

農業で地域活性化〜山椒農家らの挑戦、地元産業は世界で通用するのか?

「百笑は地球を救う!」を合言葉に、自給自足を入り口に農業従事者となった「宇宙農民」チーム。山梨県北杜市にて、稲作、畑作につづき、クラフトビール造りに挑む彼らの、農業を笑って楽しむ方法とは?

「宇宙農民」に学ぶ! 理想的な農業と生き方

近年、生産者と消費者の交流の場として、全国各地で頻繁に開催されているマルシェ。6次産業化プランナーに聞いた、ビジネスチャンスを拡げるためのマルシェ出店の心得とは?

初めてのマルシェ出店 これだけはやっておきたい6点

6次産業化が新たなステップに向かおうとしている。今回は、野村アグリプランニング&アドバイザリー・上級研究員の仲野真人氏が提案する"6次産業化2.0"についてご紹介しよう。

産地・産業振興に繋げる『6次産業化2.0』とは?

1 2

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  3. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  4. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  5. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
  6. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  7. 遠隔監視&遠隔潅水システムをDIY! 参考にしたい低コストな作り方
  8. 【進化する農業現場】農業×企業が生む”地域活性の仕組み”とは?(前編)
  9. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.11 / ¥0
2019年4月15日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル