政策・マーケット

野生鳥獣による農作物被害が4年連続減少!ー農水省

一晩で農作物を食い荒らしてしまう野生鳥獣に頭を抱える人も多いのでは。農水省は、平成28年度の野生鳥獣による農作物被害を発表。農地を囲む防護柵設置などの対策が功を奏したのか、被害は減少している。

被害額が大きいのは
シカ・イノシシ・カラス・サル

近年、中山間地域などにおいて、シカ、イノシシ、サルなどの野生鳥獣による農林水産業被害が深刻化・広域化している。

農水省は、都道府県からの報告を基にして、平成28年度の野生鳥獣による農作物被害を発表した。全国の被害金額は約172億円。増加した都道府県もあるが、全国では4年連続の減少となっており、前年度に比べても約5億円の減少、1999年度以降で最も少ない額だ。

一番被害額が大きい野生鳥獣はシカの約56億円。次いで、イノシシ約51億円、カラス16億円、サル約10億円となっている。

駆除や防護柵の設置
一定の効果を上げたか

農水省は、駆除や農地を囲む防護柵の設置などが一定の効果をあげたとみている。地域ぐるみの様々な被害防止の取組みや捕獲したシカなどをジビエに有効活用する前向きな取組みなどに支援を行っており、ジビエの移動式解体処理車の実用化や、ICT等の新技術の開発、それぞれの普及活動を積極的に行っている。

今後の野生鳥獣対策に期待したい。

問い合わせ

農村振興局農村政策部農村環境課鳥獣対策室
TEL: 03-6744-7642

関連記事

2017/09/27 | 政策・マーケット

農水省がジビエ専門相談窓口をOPEN!

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない
  6. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  7. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  8. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  9. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  10. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正