就農

農水省調査結果「新規雇用就農者数」が増加!

農林水産省による平成28年新規就農者調査において、49歳以下の新規就農者が3年連続で2万人を超えるという結果が出た。

就農形態別に見ると
新規雇用就農者数が全体で増加

農林水産省は2017年9月、「平成28年新規就農者調査」の調査結果を公表した。
調査では、就農の状況を1.実家の農業を継いだ、もしくは農業法人の従業員から経営者になった「自営農業就農者」、2.農業法人などに新規雇用された「就農者新規雇用者」、3.資金や土地を独自に調達し、農業経営を開始した「新規参入者」の3つに分類している。
下記の年齢別・就農分類別グラフと考察によると、特に新規雇用の就農者数においては全ての世代で前年よりも増加していることがわかる。

年齢別
新規自営農業就農者数

 

新規参入者は3,440人、このうち49歳以下は2,470人で、前年に比べそれぞれ3.6%、2.0%減少した。なお、経営の責任者は2,870人で、前年に比べ3.4%、平成25年に比べ1.0%、それぞれ減少した。

12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  4. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  5. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正