道工具・資材

果物の温度変化をモニタリングする”偽フルーツ”がスゴい!

輸送中の果物内部の温度を常時モニタリングしてくれる、本物そっくりのかわいい“偽フルーツ”がスイスの研究所で開発された。

“偽フルーツ”のセンサーで
果物の温度をモニタリング

果物内部の温度変化は、果物の品質管理において重要なポイントのひとつ。そこで、輸送中の果物内部の温度を計測するための専用センサーが、スイス連邦材料試験研究所で開発された。

これは、形や色、柔らかさ、大きさまで本物そっくりに似せたフルーツ模型の中心部に、温度変化を感知するセンサーを埋め込んだもの。果物を出荷する際、コンテナの中にこのフルーツ型センサーを同梱し、実物の代わりに、模型内部の温度を常時モニタリングすることで、輸送中の果物の温度変化をより正確に可視化できる仕組みだ。

この仕組みは、品質管理はもとよりサプライチェーンや輸送プロセスの改善にも役立つと期待されている。

Empa Materials Science and Technology


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.04(2017年夏号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  9. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  10. こんな立地でなぜ人が集まる? 「ぽつんと」ジェラートショップ
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル