道工具・資材

まるで蜂の巣!? イタリア発のモジュール式自動屋内農場システム

イタリアの次世代農業のアイデアは、ハチの巣から着想したモジュール式の自動屋内農場システム。限られたスペースを最大限に活用できるよう工夫された、機能性抜群な六角形デザインとは?

ハチの巣から着想した
六角形の屋内農場システム

イタリアの「ヘキサグロ・アーバンファーミング」は、モジュール式の自動屋内農場システム「リビング・ファーミング・ツリー」を開発。限られたスペースを最大限に活用できるよう、ハチの巣から着想し、六角形の栽培モジュールを組み合わせたデザインが特徴だ。

6つのポットが埋め込まれた栽培モジュールには、作物の種類や生育環境に応じて効率的に栽培できる自動モニタリングシステムが実装されているほか、エアロポニックス(水気耕栽培)によって土を必要とせず、消費水量を従来に比べて95%軽減。栽培モジュールは最大11台まで結合でき、スペースや用途に合わせて拡張できるのも利点だ。

家庭から飲食店まで、様々な需要を見込んでいる。

 

問い合わせ

Hexagro Urban Farming S.r.l. SB

Facebookページ


text: Yukiko Matsuoka

『AGRI JOURNAL』vol.6より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  3. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい
  4. 食品事故のリスクを下げる! 農家が知っておくべき「一般衛生管理」と「HACCP」とは?
  5. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ハイスペックで格好良い!「次世代軽トラ」の実力
  8. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 高糖度トマトが高可販果率で生産できる! 農家の勘に頼らないAIによる灌水制御とは

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正