道工具・資材

農作業が今よりも断然ラクになる! 注目の「最新ロボ農機」7選

農業機器の技術革新は目覚ましい。従来より効率よく、楽に農作業が進められるようになった。最新ロボ農機で、農業の明日は大きく変わる!

作業経路に忠実に、
自動で作業!

ロボット/オートトラクター


設定した作業経路を迷いなく自動直進しつつ枕地に配慮。運転席に座るオート型と、タブレットで経路登録し、自動運転するロボット型を展開。

価格:1,072万5,000~1,549万5,000円(税抜)
馬力:88.0~113.0馬力
重量:3,570~4,400kg
問/ヤンマーアグリジャパン 農機推進部
TEL:06-7636-6264

1人で2台分を耕す高効率

アグリロボトラクタ SL60A


通常トラクタを運転しながらリモコンで無人トラクタを遠隔操作。1人で2台分耕せる。障害物を感知し自動停止する安全装置付き。

価格:970万~1,100万円(税抜)
馬力:60馬力 重量:2,030㎏
問/株式会社クボタ
TEL:0120-131391

国の指針に沿った安全装備

ロボットトラクタ


農家の監視下、高精度な無人耕運を実現するロボットトラクタ。作業効率化に加え、農林水産省指針に沿った安全装備を採用する。

価格、スペック:未定
2018年度中発売予定
問/井関農機株式会社
TEL:03-5604-7602(代表)

施肥量を抑制し倒伏を軽減

可変施肥田植機 NP80D-FV


2種類の土壌センサで、田植えと同時に必要な施肥量を自動制御する。生育を均一化し、倒伏軽減や品質安定に役立つ。第7回ロボット大賞優秀賞受賞。直進アシスト機能付もラインナップ。

価格:502万5,240~
577万440円(税込)
問/井関農機株式会社
TEL:03-5604-7602(代表)

抜群の直線キープ力が高評価

ナビウェル NW8D-GS


日経優秀製品・サービス賞などを受賞したEP8D-GSの後継機。馬力の向上に加え、株間や施肥量をキープする機能、条間アシスト機能を追加。

価格:377万~450万円(税抜)
馬力:24.6馬力
重量:875~930㎏
問/株式会社クボタ
TEL:0120-131391

もみ収量、瞬時にスマホ表示

収量コンバイン HJ5101/HJ6115


収穫しながらもみ重量、水分量を計測、圃場ごとの結果をスマートフォンなど携帯端末に表示。戦略的な施肥計画をサポート。請け負い圃場にも最適。4条刈から7条刈りまでラインナップ。

価格:1,600万5,600~
1,708万5,600円(税込)
馬力:101.2馬力(HJ5101)/115.3馬力(HJ6115)
問/井関農機株式会社
TEL:03-5604-7602(代表)

業界初、自動運転で楽々収穫

アグリロボコンバイン WRH1200A


自動運転アシスト機能により、ほぼ乗っているだけの楽々収穫。勘や経験は不要。GPSが誤差わずか数センチの精緻な刈取を実現。

価格:1,570万~1,680万円(別売のGPSユニット120万円)(税抜)
馬力:120馬力
刈幅:2.1~3.2m
2018年12月1日発売予定
問/株式会社クボタ
TEL:06-6648-3938


text:Madoka Nara

AGRI JOURNAL vol.9(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「アグリジャーナル」vol.10 1/18(金)発行!
  2. 無人自動運転がアツい! 「レベル2」のスマート農機が本格販売開始
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  5. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  6. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  7. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?
  8. 太陽光パネル搭載! 電力コストを削減する「オール電化ハウス」とは?
  9. 肥料代ゼロ! 緑肥作物を利用した地球に優しい農業
  10. 農業版カーナビ「AgriBus-NAVI」が無料で使える!
あぐりナビ

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.10 / ¥0
2019年1月18日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル