道工具・資材

担い手不足の課題を解決! 若手農業者が愛用する草刈機

「地域の活性化」を目標に据え、日々農業と向き合う福岡県の農事組合法人「e FARM久留米」。彼らの目標達成を大きくサポートするアイテムが、ここで紹介するORECの自走式草刈機、ウイングモアー「WM757P」だ。

選ぶ理由は、作業性と耐久性

高齢化と後継者不足が叫ばれて久しい農業の世界では、一人当たりの作業負担の軽減が課題の一つとなっている。そうした中、最新機器の導入が課題解決の一助となるケースは多い。

20〜30代の若手5名で約100haの田畑を手がける「e FARM久留米」は、いち早く最新機器を導入した農事組合法人だ。彼らが愛用するのは、ORECの自走式草刈機ウイングモアー「WM757P」。その導入の経緯や使い心地について、彼らはこう話す 。

「農地の規模拡大に伴って畦用にウイングモアーを導入したところ、作業時間、肉体的負担ともに減りました。特にプロ仕様は耐久性が高く、部品の交換頻度が激減したこともうれしいです」。

若手人材を農業の世界に呼び込み、地域活性化へとつなげたいと語る「e FARM久留米」。彼らの熱意と取り組みをバックアップしているのが、ORECの製品なのだ。

OREC「WM757P」の特徴

1.規模拡大に伴う負担を軽減

手持ち型の刈払機と比較すると、 作業時間と身体への負担が格段に少ない。規模の拡大を目指す若手農業者の強い味方となってくれる。

2.効率経営の実現

前進3段、高出力(7馬力エンジン) のみならず、カバー部に耐候性鋼を採用して高い耐久性を実現。部品の交換コストを抑えられる。

3.操作性が高く、初心者も扱いやすい

煩雑な操作が必要ないため、使いやすい。農業未経験の人や経験の浅い人でも、すぐに使いこなすことができるはずだ。

ウィング角度は0~60°。 あぜの上面と側面の二面が同時に刈れる。

ウイングモアー「WM757P」

WM757P
価格:295,000円(税抜)
馬力:7.0ps
最大出力: 5.1 kW
刈幅:710mm
刈高:10~70mm
走行:前進3段・後進1段
駆動:2WD
ナイフ:フリーナイフ
ハンドル:左右3段階調整


株式会社オーレック
TEL:0943-32-5002

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル