道工具・資材

個性派のLOG小屋で、新しい農スタイルが流行るかも?

「第三のトコロ IMAGO(イマーゴ)」とマイファームの農業サービスのタイアップで、農業の新しいスタイルが提案される。

30年以上に渡り、自然体で自分らしい暮らしを楽しむためのログハウスでの暮らしを提案し続けてきた、自然派個性住宅メーカー・BESS。「住む」より「楽しむ」のコンセプトを掲げるBESSから、「究極の10平米」として、コンパクトでありながら本格的なLOGハウス「第三のトコロ IMAGO(イマーゴ)」が今年の8月にリリースされた。そのIMAGOが、農業とのコラボレーションを構想中だという。

img_tieup_01

IMAGOとタッグを組むのは、全国に約120ヶ所の貸農園と週末農業学校を展開する農業ベンチャー、マイファーム。

今後、IMAGOとマイファームのタイアップにより、新しい農スタイルが提案されるということだ。

たとえば、新たに農業を知るきっかけとなる体験農園での魅力的な場づくりとして、これから地方での就農を考えている人に向けた農業教育の拠点として、移住準備のための週末滞在の場として……。詳細は明らかになっていないが、ワクワクさせてくれる取り組みを期待したい。

IMAGOの運賃込みのコンプリートキットは、89.9万円で販売中(2017年3月末までの特別価格)。仲間と一緒に建てるところから楽しむスタイルが推奨されている。これから新たに就農を考えている人にとって、農業とつながるきっかけの場として、様々なカタチの「サードプレイス」となっていくだろう。


IMAGO 公式サイト

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  4. 新規就農支援事業の増額に意味はあるのか? 日本農業の本当の弱点とは
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  9. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル