注目キーワード

道工具・資材

冬時期のハウス・トンネル栽培にぴったり! 低コストな「蓄放熱パイプ」

ランニングコスト「0」で加温・保熱できる太陽熱を利用した農業用湯たんぽ「エコパイプ」が発売。寒い冬の農業には最適だ。「エコパイプ」は12月14日(水)~12月16日(金)に開催したアグロイノベーション2016にも展示された。

いよいよ寒い冬が到来した。無加温ハウス・トンネル栽培などでは、冷え込みが心配の方も多いのではないだろうか?そんな心配にもきちんと対応してくれる、「エコパイプ」が星光社にて発売中だ。

「エコパイプ」は、長さ約1m、直径6cmの塩ビパイプの内部に特殊なゲルを充填した、いわば農業用湯たんぽ。燃料や電気を使わないのでランニングコストが「0円」というのが最大の魅力だ。昼間に日当たりの良い場所で「エコパイプ」を温めて、冷え込む時間帯にその熱を放熱することで、雰囲気を約1℃、地熱を約2℃温めてくれる。

既に発売開始されている本製品は、イチゴ、トマト、ブドウ、キクなど、幅広い農家に愛用されている。上記サイズのパイプ5本で16500円(税別、送料無料)だ。大量購入を前提の農家には特別割引も適用されるという。ご興味を持たれた方は、この冬から是非利用してみてはいかがだろうか。


星光社 公式サイト


Text:Reggy Kawashima

 

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. フリーマガジン「アグリジャーナル」最新秋号10/13(水)発行!
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  4. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  5. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  8. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  9. “食料自給率”を上げるのは誰? 生産者の努力だけで自給率は上がらない...
  10. 課題にあわせた肥料を提供! データ分析であなた専用の処方箋が得られるウェブサービス...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.21|¥0
2021/10/13発行

お詫びと訂正