生産者の取組み

成功する農業後継「父から子へ、高い生産性を実現」

花の品質へのこだわりを
父と語り合う

どんな農業でもそうだが、花づくりは特に生産技術に個性が出る。植物ホルモン剤を噴霧するタイミングなど、栽培方法へのつくり手の感性が重要であり、その個性によって、仕上がりが違ってくる。

例えば、節間のつまり具合、花首の長さ、草姿の良し悪しなど。細かい面での見栄えや、花の持ちによって、価格が1本10~15円、販売価格で10~20%も変動する。外観・品質を安定して出せるか出せないかが、農家の信用に大きく影響し、出荷価格にも作用する。

菊も品種ごとに栽培マニュアルがあるが、幹大さんは、自分なりに様々な技術要素を組み合わせ、工夫して栽培してきた。和雄さんが自分にハウスを任せるか否かの検討を始めた頃、幹大さんは気がついた。「自分も1人の農業人として、花の品質などを父と話し合わなければならない」。

菊栽培で和雄さんと対峙したときに「技術では敵わない」と何度も感じたが、そこで諦めはしなかった。自分のつくった花の品質を、父に理解してもらえるよう、地道に努力を重ねた。4回目の設備投資のときも、最終的には、幹大さんの「花づくりへの情熱」が、和雄さんの気持ちを動かした。

幹大さんは、目標通り「農林水産大臣賞」を受賞(2006年青年農業者会議全国大会)、他にも「九州花卉振興協議会長賞」(2011年九州輪ギクサミット)、「大臣賞」(2012年県農業コンクール新人王部門と、2015年熊本県花卉品評会)を受賞。外部からの評価をえていたことも、和雄さんの信用を買う手助けになった。

父の決断から自分の決断に。
高い生産性を実現

3回目の設備投資までは、和雄さんが決断していたが、4回目のとき、ついに幹大さんが決断することになった。

この投資は、当初30aで予算7千万円の増強計画だったが、面積規模20aで5千万円強の投資に変更して実行。面積規模の変更は、父の経営経験の知恵を取り入れたうえで、自分で決断することができた。幹大さんは、「これは父から一人前と認めてもらった瞬間だった」と感じた。

計4回の大きな設備投資は、現在の完全通年栽培の、高い生産性の確保と事業規模の拡大につながっている。幹大さんにとってこの決断は、父と自分で歩んできた道そのものだ。

現在では、栽培技術の進歩を適切なタイミングで確実に享受し、年11.0~11.5ヶ月出荷できる体制を敷くことができている。生産量と販売額も順調に伸びてきている。今後も品質の高い菊を効率良く生産し、事業を拡大していきたいと考えている。

~つづく~

※次回配信をお待ち下さい。リンクからはまだ飛べません。

話を聞いた人

菊ばり農園3代目 熊本県天草市生まれ 37歳
藤島幹大(ふじしまみきひろ)さん

 

菊ばり農園2代目 熊本県天草市生まれ 64歳 
藤島和雄(ふじしまかずお)さん

取材

「親子農業」研究員 ㈱ビジネス・ブレークスルー所属

乾祐哉

監修

親子農業指導教官 ㈱みやじ豚代表取締役

宮治勇輔

農業後継者のための事業承継講座 開講中!

新シリーズ!「成功する農業後継」
深刻な農家の後継者問題。いったい息子・娘たちは何を考えているのか? また、父母は何を考えているのか? 双方の想いがわかる、農業後継の成功実話と継承のポイントを紹介。農家の事業承継のヒントが、きっと見つかる。
12

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 若者の農業離れに警鐘! “都市に暮らす人々と農業をつなぐ場”が鍵になる
  3. 誰でも高精度に施肥できる! スマート農業を支える肥料散布機とは?
  4. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  5. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  7. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 植物の免疫力と鉄吸収力を高める! “ビール酵母”がベースのバイオスティミュラントの実力とは
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル