注目キーワード

生産者の取組み

成功する農業後継 事業承継をうまく進める順番とは?

倒産寸前だった北川鶏園は、後継の息子の手で経営を"見直し"、洋菓子店がこぞって購入する有名な鶏園に生まれ変わった。北川鶏園の実体験から学ぶ、3つの事業継承ポイントと、先代の想い・北川親子からのメッセージを紹介する。農家の事業承継のヒントが見えてくる!

北川鶏園から学ぶ
農業事業承継成功のポイント

北川鶏園の事業承継実話 前編
北川鶏園の事業承継実話 後編

ポイント1.先代の想いを知り、生かす。自分の耳で、ユーザーの声を聞く。

北川鶏園の先代・富基さんは、長年、エンドユーザーのことを考えた養鶏の経営選択を行い、独自の視点で技術を磨いてきた。

後継・貴基さんは最初、先代のたまごの強みを理解していなかったかもしれない。しかし、自社商品を持ってお客様のもとを訪れ、お客様の声を聞き、自社商品の強みに気が付いた

その後、強みを生かした独自の販路を開拓し、ビジネスモデルを築いた。既存商品のあり方に甘んじず、さらに生かして、うこっけい卵などの新たな挑戦を始めている。

ポイント2.本業(生産)と離れたところで、小さな成功をくり返す

後継・貴基さんが26歳のとき、大口の販売先(卸)との取引が停止になり、先代・富貴さんから「営業開拓をしてくれないか」と要請される。貴基さんは、これまでとは異なる業種への販売営業がなかなかうまくいかず、1年間は成果が出なかった。

それでも先代は粘り強く営業活動を続けさせ、貴基さんも地道に続けていった結果、1軒のケーキ店で採用された。一軒一軒のケーキ店を開拓していくことは、大口卸店と商談するより地道な作業であったに違いない。

この段階で小さな成功を積み重ねたことで、後に千葉No.1ケーキ店で採用されることになり、現在の直販での商流、ビジネスモデル構築に繋がった。

123>

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. 「環境に優しい」と「儲かる」は両立できる? 農業AIブレーン『e-kakashi』に迫る...
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 【農業weekレポート】自動走行車から環境に配慮した資材まで、最新の農業製品が続々登場!...
  7. サカタのタネの”推し品種”の野菜は?3年ぶりにリアル開催した商談会をレポート...
  8. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  9. 農業ビジネスは立地が重要! いちご栽培に向いている地域とは?
  10. この20年で農業は”こう”変わった。農業経営がしやすい時代はやってきたのか?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正