再エネ・最新技術

海水と太陽光だけで農業!? 乾燥地帯で起きた大革命

持続可能な生産を!世界で広がるスマート農業。今回はオーストラリアから、農業に不向きとされていた乾燥帯における農業ソリューションを紹介する。

水資源が乏しいことで知られる南オーストラリア州ポートオーガスタで、太陽光と海水を活用した屋内農業ソリューションの開発がすすめられている。

このソリューションでは、近隣のスペンサー湾から流れ込む海水を海水淡水化装置で浄化し、農業用水として利用。海水の淡水化や農作物の栽培などに必要なエネルギーは、農場に設置された太陽光発電システムで発電する仕組みとなっている。

化石燃料や水資源に依存することなく、温度や湿度、光などが常時最適化された環境で農作物を栽培できるのが利点で、とりわけ、従来は農業に不向きとされていた乾燥帯においての、持続可能な食料生産のソリューションとなりそうだ。

www.sundropfarms.com


text: Yukiko Matsuoka

※『AGRI JOURNAL』vol.3より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  4. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  5. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正