注目キーワード

最新技術

ニワトリものびのび育つ! 世界で最も「動物と環境にやさしい養鶏場」

オランダにある養鶏場「キップスター」。自然光がたっぷりと降り注ぐ広々とした施設内には遊び場が設けられ、ニワトリたちが快適に過ごせるよう工夫が凝らされている。また、屋根には太陽光パネルを設置することで環境にも配慮。ニワトリだけでなく環境にも優しい、魅力的な養鶏場だ。

太陽光発電を活用した
環境にやさしい鶏舎


キップスター

オランダ南部のフェンラユを拠点とする「キップスター」は“世界で最も動物と環境にやさしい養鶏場”だ。

自然を模した鶏舎では、屋根の一部をガラスにすることで、自然光を屋内にたっぷりと届け、ニワトリが快適に過ごせるよう、遊び場なども設けられている。



鶏舎屋根上には1078枚のソーラーパネルを設置。太陽光発電によって得たエネルギーは、鶏舎で利用されるほか、余剰分は売却され、収益の一部となっている。

「キップスター」の鶏舎で採集された卵はドイツの大手スーパーマーケットチェーン「リドル」を通じて欧州で販売されている。


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは...
  6. 最初に混ぜるだけでOK!? タマネギ栽培に欠かせない便利な肥料
  7. トマトのスペシャリストを育成する学校がある!? 高収量をあげる卒業生を輩出するアカデミーに潜入...
  8. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  9. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  10. 除草剤の散布量を9割削減、作業コストを3割軽減!? 自律走行型除草ロボットがスゴい...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.18|¥0
2021/1/26発行

お詫びと訂正