注目キーワード

最新技術

ニワトリものびのび育つ! 世界で最も「動物と環境にやさしい養鶏場」

オランダにある養鶏場「キップスター」。自然光がたっぷりと降り注ぐ広々とした施設内には遊び場が設けられ、ニワトリたちが快適に過ごせるよう工夫が凝らされている。また、屋根には太陽光パネルを設置することで環境にも配慮。ニワトリだけでなく環境にも優しい、魅力的な養鶏場だ。

太陽光発電を活用した
環境にやさしい鶏舎


キップスター

オランダ南部のフェンラユを拠点とする「キップスター」は“世界で最も動物と環境にやさしい養鶏場”だ。

自然を模した鶏舎では、屋根の一部をガラスにすることで、自然光を屋内にたっぷりと届け、ニワトリが快適に過ごせるよう、遊び場なども設けられている。



鶏舎屋根上には1078枚のソーラーパネルを設置。太陽光発電によって得たエネルギーは、鶏舎で利用されるほか、余剰分は売却され、収益の一部となっている。

「キップスター」の鶏舎で採集された卵はドイツの大手スーパーマーケットチェーン「リドル」を通じて欧州で販売されている。


text: Yukiko Matsuoka

AGRI JOURNAL vol.10(2019年冬号)より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 生産者と農業関連企業がオンラインで繋がる! 業界初となるオンライン展示会が開催中...
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  4. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  5. 雑草対策を始めよう! 最新技術を駆使したラジコン&ロボット草刈機5選...
  6. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  7. 無農薬・減農薬でも規模拡大! お米の高付加価値化を実現する若手農家のノウハウに迫る...
  8. 今からでも遅くない除草アイテム! 腰痛対策に抜群なカインズの草刈り鎌...
  9. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  10. 太陽光発電を活用し、天候や昼夜を問わず種まきと除草を自動化できる自走式ロボットとは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.16 / ¥0
2020年7月30日発行

お詫びと訂正