再エネ・最新技術

ハウス栽培の強い味方! 成長に合わせて自動潅水するAIシステムって?

ハウス栽培で高品質な作物を育てるには、潅水の「タイミング」と「適切な量」を見極めることが大切。とはいえ、限られた時間の中で、観察や判断に長い時間費やすのは難しい。そこでおすすめなのが、AIを活用した自動潅水システムだ。

潅水の量やタイミングを
AIが判断して自動供給!

『ゼロアグリ』はハウス・土耕栽培向けの自動潅水システム。日射センサと土壌センサで収集したデータを元に、AIが作物の成長に合わせた最適な潅水量を計算し、自動で供給する。


AI潅水施肥システム『ゼロアグリ』

実際にゼロアグリを導入した福島県の「ファーム大友」で話を聞くと、トマトの収量が1.5倍、秀品率も5%増となったという。作物が必要とする水をゼロアグリが少量多頻度で供給することで、安定した収量につながっている。

「施肥の量やタイミングを判断するために付きっきりで観察していた時間も大幅に削減できました。潅水が効率化できて、トマトに対して向き合える時間も増えています。これから反収を2倍3倍と増やしていきたいです」。(ファーム大友・大友佑樹さん)

DATA

AI潅水施肥システム『ゼロアグリ』
本体価格:120万円
クラウド利用料:12万円/年
※資材費やオプション費は別途見積。
※初期費用目安は300万円前後。

問/株式会社ルートレック・ネットワークス
TEL:044-819-4711


AGRI JOURNAL vol.11(2019年春号)より転載

Sponsored by 株式会社ルートレック・ネットワークス

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  3. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  4. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  5. 若者新規就農者が3年連続で2万人超 後継者不足は?
  6. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  7. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  8. 病気を防ぎ、効率的なイチゴ育苗へ! 革新的なトレイ“カタツムリポット”がスゴイ!
  9. 最強の次世代水稲栽培へ! ドローン×バイオスティミュラント×水稲栽培の夢コラボが実現!
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正