政策・マーケット

なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法

平成25年度から、全国10ヶ所で次世代施設園芸のモデルとなる拠点の整備を始めました。28年度中には全拠点が完成する見込みです。こうした拠点のポイントは、生産者だけでなく、自治体や環境制御機器メーカー、流通・小売業界などがコンソーシアムを形成し、関係者が一体となって、高度な環境制御技術を導入し、地域の資源エネルギーも活かして生産性の高い大規模生産に取り組んでいる点です。今後、これらの大規模拠点の整備や運営から見えてきたノウハウの分析・発信を支援し、各地域への波及を図ります。

さらに、次世代施設園芸の取組を拡大していくため、一般農家の規模でも取り組みやすいよう、次世代施設園芸に必要な技術を地域で習得し、広めていく仕組みづくりを支援する事業を、29年度予算で要求を行っているところです。

この事業で次世代施設園芸に必要とする技術は、高度環境制御技術、地域エネルギー・省エネ技術、雇用型生産管理技術の3本柱。都道府県が主導して地域コンソーシアムを作り、まずは実証温室でこれら技術の実証に取り組みます。その後、実証した成果を地域に普及していくため、地域の農家が実証温室での研修などを通じて、段階的に技術を取り入れ、生産性を高めていくという構想です。これまで、多くの施設園芸農家では、経験則で栽培を行ってきました。それをICTで見える化し、地域でそれぞれのデータを共有して分析することによって、効率的で安定的な農業経営のモデルが構築され、こうした取組を面的に広げて施設園芸の高度化を図っていきたいと考えています。

123

関連記事

2016/11/28 | 再エネ・最新技術

人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 独自の取り組みでファンを呼び込む! 人気イチゴ観光農園の秘密とは?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 【新企画】農家インフルエンサー募集!
  8. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  9. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル