政策・マーケット

なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法

<次世代施設園芸 3本柱>

1. ICTを活用して単収向上する! 高度環境制御技術
・ICTを活用し、温度、CO2、日射量の複数の環境を制御
・周年・計画生産を実現、単収向上
・年間を通じた雇用創出
例:トマトの収量、約30~50t/10aを実現(全国平均約11t/10a)

2. 環境に優しい且つ、経費も削減する! 地域エネルギー・省エネ技術
・経営費に占める燃料費の割合が高い現状
・木質バイオマスや地熱等の地域エネルギーを活用、省エネルギー技術の導入

3. マニュアル化により生産を効率化する! 雇用型生産管理技術
・生産から出荷までの行程をマニュアル化
・作物の高いクオリティを一定に保ちつつ作業を効率化

 


話を聞いたのはこの人!
農林水産省 生産局 園芸作物課
花き産業・施設園芸振興室 生産係長
鈴木里沙さん


※『AGRI JOURNAL』vol.01より転載

Text: Kazuko Kojima

123

関連記事

2016/11/28 | 再エネ・最新技術

人工光で野菜を育てる 注目植物工場8選

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  3. 独自の取り組みでファンを呼び込む! 人気イチゴ観光農園の秘密とは?
  4. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
  5. 無駄なコストを削減! 農業用ハウス強度の考え方
  6. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  7. 【新企画】農家インフルエンサー募集!
  8. 農家の新しいつながりを作る!  プラットフォーム6選
  9. 休耕田を活用する、「世界一安い」水耕栽培
  10. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.12 / ¥0
2019年7月16日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル