注目キーワード

政策・マーケット

なるほど! 施設園芸で効率よく儲ける方法

<次世代施設園芸 3本柱>

1. ICTを活用して単収向上する! 高度環境制御技術
・ICTを活用し、温度、CO2、日射量の複数の環境を制御
・周年・計画生産を実現、単収向上
・年間を通じた雇用創出
例:トマトの収量、約30~50t/10aを実現(全国平均約11t/10a)

2. 環境に優しい且つ、経費も削減する! 地域エネルギー・省エネ技術
・経営費に占める燃料費の割合が高い現状
・木質バイオマスや地熱等の地域エネルギーを活用、省エネルギー技術の導入

3. マニュアル化により生産を効率化する! 雇用型生産管理技術
・生産から出荷までの行程をマニュアル化
・作物の高いクオリティを一定に保ちつつ作業を効率化

 


話を聞いたのはこの人!
農林水産省 生産局 園芸作物課
花き産業・施設園芸振興室 生産係長
鈴木里沙さん


※『AGRI JOURNAL』vol.01より転載

Text: Kazuko Kojima

< 123

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 生産力は向上する? 費用対効果は? 専門家に聞くスマート畜産のメリットとトレンド技術...
  4. アニマルウェルフェアに配慮した循環型酪農へ。有機認証を取得した『鈴木牧場』とは?...
  5. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  8. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  9. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  10. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.23|¥0
2022/4/20発行

お詫びと訂正