注目キーワード

編集部からのお知らせ

〈募集終了〉農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2021/4/11まで!

『アグリジャーナル』電子版・紙版いずれかの「読者アンケート」にお答えいただいた方を対象に、農業に役立つ人気アイテムを抽選でプレゼント! 最新号の応募締切は4月11日まで。ぜひご応募ください!

最新号vol.18の
読者プレゼントはコチラ!

A:かぼちゃまもるテープ スターターキット 5名様


かぼちゃの日焼け対策、していますか? 強烈な日差しから、かぼちゃのきれいな深緑の皮色を守るために開発されたこのテープは、光を遮る白いラミネート加工をしたクラフト紙に、天然ゴム系の粘着剤を塗布したもの。

かぼちゃが生育し、葉が枯れはじめた頃に、テープを直接貼ることで太陽光による温度上昇を防ぎ、日焼けによる白化・黄化を防止。今回は、 テープとテープカッターを身に着けるためのベルトが同梱された「スターター・キット」を5名様にプレゼント。

提供/菊水テープ株式会社

B:防水防寒アグリスーツ WCP-AG140 グリーン/ミックスグレー サイズ:L 各1名様


農家の動作を知り尽くして作られたワークウェア。汚れやすい袖とパンツ裾は、取り外して部分洗い可能。二重袖はファスナー仕様なので手袋の装着もらくらく、泥や水滴の浸入を防いでくれる。形状維持するつばを取りつけたフードは雨や雪の中でもしっかりと視界を確保。

縫製も工夫しているため、腕の上げ下げやしゃがみこみ、重機への乗車など、あらゆる動作をスムーズに行うことができる。たかが作業着とあなどることのできない工夫満載の一着。

提供/株式会社 山善

C:防水防寒スーツ WCP-120 ターコイズ サイズ:L 1名様


体温をしっかりと維持してくれる防水防寒スーツ。袖からの寒気進入を防ぐリストガードあり、保温性抜群・超ハイタイプの襟あり、と工夫がいたるところに。ポリウレタンコーティングにより軽くしなやかな着心地で、動いてもカサカサ音が気にならないのも嬉しい。

ズボンには貫通ポケットを採用し、着たままでインナーのポケットへと手が入れられ便利。複雑かつ、過剰ではないシンプルなつくりはタウンユースもしやすく、農地以外の釣りやアウトドアでも活躍

提供/株式会社 山善

D:果実とスパイス香るヴィーガンカレー 内容量:200g 5名様


「精進料理 醍醐」でまかないとして食べられていたルーをベースにつくられたヴィーガンレトルトカレー。レトルト品でよく使われる砂糖やケチャップ、油脂は加えず、玉ねぎやりんごから甘味や旨味を引き出し、国産の野菜と果実を惜しみなく使っている。

一見すると、具なしに思えるが、実は野菜や果実、果汁が全体の約7割を占めており、スパイスが効いた野菜のポタージュのようなカレーだ。結果、フードロスにもつながっているという心・体・環境にやさしい一品

提供/株式会社TOYOKE


応募締切は2021年4月11日(日)まで。
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

※応募者多数の場合は、抽選とさせていただきます。なお、雑誌公正競争規約の定めにより、この懸賞に当選された方は、この号のほかの懸賞に入選できない場合があります。また、ご回答いただきました アンケートは今後の編集・企画立案の参考にさせていただきます。個人情報は当社が個人の内容を特定できないような統計的な資料の作成に利用させていただくとともに、当社が厳重に管理いたします。またご応募いただいた方には当編集部よりメールマガジンを配信させていただく場合がございます。この目的以外で許可なく第三者への提供はいたしません。

関連記事

農業機械&ソリューションLIST

アクセスランキング

  1. 農作物・畜産の悩みに海藻が効く? 「アスコフィルム・ノドサム」の効能に注目!...
  2. 薄緑の葉色は「鉄欠乏」のサイン? 予防と対策は?
  3. 絶品の柑橘、高評価の要は「光センサー」。ふるさと納税サイトで売上アップへ...
  4. 水田除草もスマート化! これから活躍が期待できる除草ロボット3選
  5. 軽トラカスタムの新潮流!親しみやすさが人気の『レトロカスタム』
  6. 名物お漬物が消える日 改正食品衛生法の経過措置が5月末で終了
  7. 【製品モニター募集】超軽量&ハイパワーな共立の新エンジン草刈機を体験しよう!...
  8. 業界初!60度の急斜面でも草刈り可能な草刈機「ベローン」で安心・安全&ラクな作業へ...
  9. 強力な多年生雑草もすっきり一掃! コメリのおすすめ除草剤「マルガリーダ」とは?...
  10. 雑草のプロフェッショナルに聞く! 草をマルチにするメリットと留意点

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.31|¥0
2024/04/19発行

お詫びと訂正