注目キーワード

道工具・資材

除草剤にも「ジェネリック品」があるって知ってた?

茎葉吸収移行型除草剤、“エイトアップ”。希釈液は土の中の微生物によって自然分解されるため、土壌に優しく安全だ。ジェネリック品(特許切れ品)のため、コストパフォーマンスが非常に高いのも嬉しい。

既に生えている雑草に散布するタイプの茎葉吸収移行型除草剤“エイトアップ”は、あらゆる雑草の根まで枯らす除草力と、25~100倍に希釈してジョーロや噴霧器で散布するだけという作業性の高さ、そして希釈液は土の中の微生物によって自然分解されるという土壌への優しさと安全性が特長だ。医薬品では当たり前になったジェネリック品(特許切れ品)で、大手メーカー製品と極めて近い成分で同等な除草能力を持つため、コストパフォーマンスが非常に高い。

農薬登録もされているから、安心して農地で利用できる。人気が高いのも納得の、お買い得な除草剤だ。


「エイトアップ」 500mL 4本セット:2,963円
チャレンジサービスHP TEL:048-584-2401


※「AGRI JOURNAL vol.3」より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  2. 草刈のプロに聞いた! 農家のお悩み別「刈払機選び」のポイント
  3. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. あのランボルギーニから最新モデル!? クールな「高機能トラクタ」5選
  6. 10年掛かる土壌改良が短期間で可能に! 天然腐植物質に含まれる「フルボ酸」の効果とは...
  7. アフターコロナで農業はどうなる? 人々の農業観に変化はあったのか
  8. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  9. 農業に役立つアイテムを抽選でプレゼント! 応募受付は2021/6/30まで!
  10. 2018年度産から適用の「減反廃止」。農家への影響は?

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.19|¥0
2021/4/15発行

お詫びと訂正