注目キーワード

道工具・資材

除草剤にも「ジェネリック品」があるって知ってた?

茎葉吸収移行型除草剤、“エイトアップ”。希釈液は土の中の微生物によって自然分解されるため、土壌に優しく安全だ。ジェネリック品(特許切れ品)のため、コストパフォーマンスが非常に高いのも嬉しい。

既に生えている雑草に散布するタイプの茎葉吸収移行型除草剤“エイトアップ”は、あらゆる雑草の根まで枯らす除草力と、25~100倍に希釈してジョーロや噴霧器で散布するだけという作業性の高さ、そして希釈液は土の中の微生物によって自然分解されるという土壌への優しさと安全性が特長だ。医薬品では当たり前になったジェネリック品(特許切れ品)で、大手メーカー製品と極めて近い成分で同等な除草能力を持つため、コストパフォーマンスが非常に高い。

農薬登録もされているから、安心して農地で利用できる。人気が高いのも納得の、お買い得な除草剤だ。


「エイトアップ」 500mL 4本セット:2,963円
チャレンジサービスHP TEL:048-584-2401


※「AGRI JOURNAL vol.3」より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  2. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  3. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  4. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  5. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  6. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  7. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. スマホで豚の体重や枝肉測定をする時代へ! 畜産コンサルのコーンテックの挑戦に迫る...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正