道工具・資材

除草剤にも「ジェネリック品」があるって知ってた?

茎葉吸収移行型除草剤、“エイトアップ”。希釈液は土の中の微生物によって自然分解されるため、土壌に優しく安全だ。ジェネリック品(特許切れ品)のため、コストパフォーマンスが非常に高いのも嬉しい。

既に生えている雑草に散布するタイプの茎葉吸収移行型除草剤“エイトアップ”は、あらゆる雑草の根まで枯らす除草力と、25~100倍に希釈してジョーロや噴霧器で散布するだけという作業性の高さ、そして希釈液は土の中の微生物によって自然分解されるという土壌への優しさと安全性が特長だ。医薬品では当たり前になったジェネリック品(特許切れ品)で、大手メーカー製品と極めて近い成分で同等な除草能力を持つため、コストパフォーマンスが非常に高い。

農薬登録もされているから、安心して農地で利用できる。人気が高いのも納得の、お買い得な除草剤だ。


「エイトアップ」 500mL 4本セット:2,963円
チャレンジサービスHP TEL:048-584-2401


※「AGRI JOURNAL vol.3」より転載

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  2. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  3. “食べられるバラ“を新たな形に! 女性起業家が切り開く農業の未来とは
  4. AIがおいしさを判定!? 「食べなくても味がわかる」アプリ登場
  5. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  6. 農家の新しいつながりを作る! プラットフォーム6選
  7. スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?
  8. 農産物の国際基準・グローバルGAP認証取得とは?
  9. 農業が嫌でたまらなかった……。 “農家の嫁”がキャリアを活かして活躍
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.13 / ¥0
2019年10月8日発行

お詫びと訂正

ロクジカチャネル