道工具・資材

コレひとつで幅広い雑草に効く! 水稲農家におすすめの除草剤って?

田植え時期に悩む雑草対策。水管理の難しい圃場でも安定した効果を発揮する、今年4月に発売された除草剤とは?

移植時から3.5葉期まで対応!
幅広い草種に効く除草剤

水稲農家の悩みのひとつ、雑草対策。

近年は、田植同時散布機を使った一発処理が主流になっているが「イマイチ除草効果が感じられない」「雑草の種類によっては効きづらい」と悩んでいる方も多いのではないだろうか?

そこでおすすめなのが、今年4月に発売されたばかりの水稲用除草剤『ジャンダルム®MX1キロ粒剤』だ。



『ジャンダルム®MX1キロ粒剤』の特長は、移植時からノビエ3.5葉期まで対応できることだ。水管理の難しい圃場でも、安定して高い効果を発揮する。

相性の良い3つの有効成分を配合しており、ノビエはもちろん、SU抵抗性の各種雑草や多年生雑草まで、幅広い草種に効くのも嬉しいポイント。

施用時は、湛水のほか「田植同時散布機」や「無人航空機」を使っての散布も可能だ。

『ジャンダルム®MX1キロ粒剤』は、水稲農家の心強い味方になってくれるだろう。

<製品概要>
●農林水産省登録:第24196号
●有効成分:ピリフタリド1.8% ピリミスルファン0.50% メソトリオン0.90%
●毒物及び劇物取締法:非該当

問い合わせ

シンジェンタジャパン株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 2020年3月末で経過措置が終了、新「食品表示法」の注意点とは?
  2. 農閑期の今だから挑戦したい! チェンソーを使った”薪づくり”
  3. 増税対策、あなたは万全? 農家が知っておくべき「軽減税率」と注意点とは
  4. 製品回収の50%以上は表示ミスが原因! 「食品表示法」正しく理解していますか?
  5. いま人気なのはコレ! 押さえておきたい「売れ筋トマト品種」15選
  6. あれ、切れてない……? を防ぐために。チェンソーを使ったら必ず行うべき”目立て”のやり方
  7. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  8. 「”いのちのてざわり”を体験してほしい」音楽家・小林武史が見出した農業の可能性とは
  9. 1分でわかる!「農業経営基盤強化準備金制度」
  10. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方
 

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.14 / ¥0
2020年1月27日発行

お詫びと訂正