注目キーワード

道工具・資材

コレひとつで幅広い雑草に効く! 水稲農家におすすめの除草剤って?

田植え時期に悩む雑草対策。水管理の難しい圃場でも安定した効果を発揮する、今年4月に発売された除草剤とは?

移植時から3.5葉期まで対応!
幅広い草種に効く除草剤

水稲農家の悩みのひとつ、雑草対策。

近年は、田植同時散布機を使った一発処理が主流になっているが「イマイチ除草効果が感じられない」「雑草の種類によっては効きづらい」と悩んでいる方も多いのではないだろうか?

そこでおすすめなのが、今年4月に発売されたばかりの水稲用除草剤『ジャンダルム®MX1キロ粒剤』だ。



『ジャンダルム®MX1キロ粒剤』の特長は、移植時からノビエ3.5葉期まで対応できることだ。水管理の難しい圃場でも、安定して高い効果を発揮する。

相性の良い3つの有効成分を配合しており、ノビエはもちろん、SU抵抗性の各種雑草や多年生雑草まで、幅広い草種に効くのも嬉しいポイント。

施用時は、湛水のほか「田植同時散布機」や「無人航空機」を使っての散布も可能だ。

『ジャンダルム®MX1キロ粒剤』は、水稲農家の心強い味方になってくれるだろう。

<製品概要>
●農林水産省登録:第24196号
●有効成分:ピリフタリド1.8% ピリミスルファン0.50% メソトリオン0.90%
●毒物及び劇物取締法:非該当

問い合わせ

シンジェンタジャパン株式会社

関連記事

特集企画

アクセスランキング

  1. 不耕起栽培の大事なポイントは? パタゴニアのワークウェアが寄り添う、小さな農園の取り組み...
  2. 【農業weekレポート】畜産業界の最先端技術が集結!効率化や省力化に役立つ製品を紹介...
  3. アゲトラ・コンプリートからDIYペイントまで! 軽トラカスタムがアツい
  4. ゲノム編集と遺伝子組み換えの違いは? メリットを専門家が解説
  5. JAが「農業協同組合」であり続けるために 経営危機を乗り越えるためにすべきことは?...
  6. 低コストで高耐久! 屋根の上で発電もできる「鉄骨ポリカハウス」
  7. 成功する農業! 有機肥料と化成肥料の基本とやり方を徹底解説
  8. 【知って得する】若手農家必見! 農家が知るべき3つの「生産性」とは?
  9. 〈基礎知識〉コスト抑制ポイントはここ! いちご栽培に使うビニールハウスの入手方法...
  10. ネギが太ると話題!農林水産大臣賞に選ばれた白ネギ農家の“栽培のヒケツ”とは?...

フリーマガジン

「AGRI JOURNAL」

vol.25|¥0
2022/10/6発行

お詫びと訂正